Droppics :パラメータ

1.拡張パラメーター

Droppicsパラメータにアクセスするには、 コンポーネント> Droppics >オプション メニュー。

 

グローバルパラメータ

 

  • サムネイルのサイズ: 画像のインポート時に生成されるか、ギャラリーに1つの画像として表示されるすべてのサムネイルのサイズ
  • ミディアムサイズ: ライトボックスで使用される拡大画像のサイズ、たとえば
  • 元のアップロードサイズ: サーバーに保存されている元の画像のサイズ。新しいサイズの生成に使用されます
  • レスポンシブ画像:モバイルデバイスの画面に読み込まれる、幅が768ピクセルと300ピクセルの2つの新しい画像サイズを生成できるようにします
  • ライトボックスのタイトルを表示: ライトボックスで画像を開いたときに画像のタイトルを表示する
  • ライトボックス内の画像サイズ: 写真のサイズはライトボックスに表示されます。 あなたが選ぶなら  、これまでに行ったことがない場合は、フォルダの画像を再生成することを忘れないでください
  • JPG品質: .jpg画像の品質を設定する
  • PNG圧縮: アップロード時に画像を圧縮したい場合に使用します

 

作物オプション

 

  • 画像のトリミング: アップロード時に、最初に定義したサイズに基づいて画像をトリミングできます。そうしないと、画像の比率が尊重されます
  • カテゴリを閉じる: 開いた、または閉じた管理カテゴリ/サブカテゴリのビューをロードする
  • 無限スクロールオプションを定義します。 ページ読み込み時にすべての画像ではなく、段階的に画像を読み込む
  • 最初に読み込まれた要素: 最初に読み込まれた要素の数
  • ajaxに読み込まれた要素: Ajaxに読み込まれた要素の数
  • カテゴリにテーマをロード: 各ファイルカテゴリのテーマパラメータを読み込んで変更する
注:画像サイズを変更したり、レスポンシブ機能を有効にしたりする場合は、 サムネイルの再生。 ボタンをクリックして、すべての画像サイズを再生成してください。

 

サムネイル再生

 

画像の数によっては時間がかかることがあります。しばらくお待ちください:)

2 。 権限とフロントエンドの画像管理

Droppicsは、 JoomlaのデフォルトACLを使用して、画像管理へのアクセスを設定します。 デフォルトでは、特権管理者ユーザーは常にすべてのギャラリーにアクセスできます。
 
一部のユーザーのアクセスを制限する必要がある場合は、それらを少なくとも管理者グループに入れるか、新しいJoomlaユーザーグループを作成します。 たとえば、管理者ユーザーに  自分の画像のみにアクセスして編集する、 セットする 「編集」権限を「拒否」に、「自分を編集」を「許可」に。 以下を制限することもできます。

  • Droppics構成アクセス
  • インターフェースアクセス 
  • 画像/ギャラリーの作成
  • 画像/ギャラリーの削除
  • 編集/自分のファイル編集

 

droppics許可

 

Droppicsは、(管理者側のように)エディターボタンを使用するか、専用インターフェイスを使用して、フロントエンドから画像を管理するオプションがあります。 Droppicsインストールすると、それを行うためのテンプレートが追加されます。
Joomlaメニューを使用して、フロントエンドにDroppicsを読み込みます。 当然、設定したすべての権限は尊重されます。

Joomlaメニューを追加し、 Droppicsフロントエンドテンプレートスタイル.

 

droppicsメニュー

 

その後、許可されていれば、Webサイトのフロントエンドから画像を管理できます。

 

フロントエンド画像版

 

2 。 テーマと画像設定

Droppicsを使用すると、テーマと画像パラメーターを各画像と画像カテゴリで、またはグローバル設定としてのみ定義することができます。

 

ロードテーマパラメータ

 

グローバル構成のすべてのテーマ設定は、画像カテゴリでの変更を許可しない場合にのみ適用されます。

 

テーマ構成

 

これは、画像カテゴリで許可されているテーマ設定と許可されていないテーマ設定の図です。 2番目の画像では、テーマの切り替えのみが可能で、テーマ設定の変更はできません。

 

テーマオプション

 

2 。 リモートビデオ

Droppicsは、Youtube、Vimeo、Dailymotionのリモートビデオを画像に含めることができます。 オプションをアクティブにするには、  コンポーネント> Droppics >オプション>リモートビデオの追加 メニュー。
単一のビデオとして追加されたとき、またはライトボックスにロードされたときのビデオのデフォルトの幅を定義することもできます。

 

リモートビデオ

 

この設定を有効にすると、アップロードボタンの上にボタンが追加されます。

 

add-remote-video

 

追加する必要があるのは、ビデオのURLだけです。

 

add-remote-video-url

 

2 。 Droppics画像インポーター

Droppicsは、サーバーから画像を参照してインポートできるメディアインポーターがあります。 オプションを有効にするには、  コンポーネント> Droppics >オプション>メインパラメータタブ>画像インポートパラメータを表示.

 

画像インポート

 

次に、 Droppicsメインインターフェイスを使用してメディアを選択し、 Droppicsなカテゴリにインポートします。

 

インポーター選択

 

2 。 画像透かし

Droppicsは、画像に透かし(著作権)を自動的に適用できます。 まず、有効にする必要があります  画像透かし コンポーネント構成の機能。

 

透かしを有効にする

 

次に、透かし画像を選択して画像の上に適用します。これはどの画像でもかまいませんが、寸法に注意してください。

 

透かしの選択

 

透かしを配置できる位置は5つあります。

  • センター
  • 左下
  • 右下
  • 右上
  • 左上

 

透かし位置

 

透かしが適用されるときに可能なサイズは次のとおりです。

  • すべてのサイズ
  • サムネイル
  • カスタムサイズ
注意: 透かしは、設定を保存してサムネイルを再生成した後にのみ適用されます([サムネイルの再生成]ボタンをクリックします)。

 

画像透かし

 

 

画像効果ビュー


 
変更と効果を適用できます。

  • 作物
  • リサイズ
  • 回転
  • いくつかのスタイリング効果を適用する