My Maps location :パラメータ

1.設定

コンポーネントには多くのオプションがあり、一部は以前に見たようにメニュービューでオーバーライドされる場合があります。 クリックしてください  メニュー: My Maps Location >オプション インターフェースにアクセスするには(画面の右上)

一般的な構成

 

パラメータ1

 

  • 統計を有効にする: ロケーション統計を有効にする
  • AJAX検索: AJAXで検索クエリを有効にし、ページをリロードせずに検索を実行します
  • 表示距離: ユーザーの位置からの場所の距離を表示します
  • 距離の単位: マイルまたはキロメートル
  • 地図プロバ​​イダー: Google maps 、Microsoft Bing maps 、Mapbox、Opentreetreemap、Baidu、またはMapquestから選択します
  • オートコンプリート検索: 場所検索を行う際のオートコンプリート候補。 オートコンプリートの候補は、 Google Maps 、 Bing Maps 、Openstreetmap、またはBaiduから、選択したマップシステムに関係なく提供されます
  • Google Maps APIを使用するたびに、6月22 2016日以降にドメインが作成された場合は、キーを含める必要があります。 リクエストを検証します。 
    詳しくは: https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/usage?hl=en
    キーを取得します。 https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/get-api-key
  • Google Mapsタイプ: マップタイプ:ロードマップ、衛星、ハイブリッド、地形
  • 地図のデザイン: マップのデフォルトのデザインを選択してください
  • マウスマップのスクロール: マップにカーソルを合わせたときにマウスを使用してズームイン/ズームアウトを有効にします
  • マップをドラッグ: マウスを使用して、マップをドラッグしてその上に移動できるようにします
  • オープンイベントマーカー: マーカーをクリックまたはホバーしたときに場所の詳細を開く方法
  • マーカークラスターを有効にする: 複数のマーカーを持つ各クラスターは、クラスター内のマーカーの数のカウントを示します
  • 自動ズーム機能: マップのすべてのマーカーを表示するようにズームを自動的に調整します
  • Bing Mapsタイプ: マップタイプ:航空、鳥瞰図、または道路
  • Bing maps APIキー: APIキーを配置して機能させる;)

 

パラメータ2

 

  • どこでも検索: 半径検索にオプションを追加して、世界中のどこでも検索する
  • デフォルトでどこでも検索: デフォルトでは、検索ビューの半径セレクターはどこにでも設定されます
  • 検索のタグ形式: タグフィルターをチェックボックスまたはドロップダウンリストとして表示する
  • ストリートビュー: オプションとしてストリートビューを検索に追加
  • ルートを表示: ユーザーの位置からルートを計算するためのリンクを表示する
  • ルート形式: My Maps locationルートを表示するか、Googleにリダイレクトします
  • 場所の連絡先リンク: 連絡先ページへのリンクを追加する
  • お問い合わせボタン: 連絡先ボタンを表示する
  • 連絡先リンクのターゲット: 連絡先リンクモードを開く
  • 地図のデフォルトのズーム: 最初のロード時のマップのデフォルトのズームレベル(自動ズームをnoに設定)
  • 地図のサイズ: 地図と検索結果の幅と高さ
  • 半径検索の距離:半径検索ドロップダウンリストの値を決定する
    例 ユーザーは、ニューヨーク市の周囲10マイルを検索することを選択できます。
  • 距離選択リストを表示: 距離redius検索選択リストを表示するオプション

 

パラメータ3

 

  • 検索結果の単語切り抜き: 検索結果の特定の単語で場所の説明を切り抜きます
  • jQueryサイドバー: デフォルトのサイドバーをJQueryに変更します(小さくてスムーズなスクロール効果)
  • 位置情報を無効にします。 https以外のサイトで位置情報を無効にします。
  • カテゴリフィルターを無効にする: このオプションは、カテゴリドロップダウンリストフィルターを有効にします
  • 国の状態フィルターを無効にします。 国名ドロップダウンを検索ビューに表示する
  • 郵便番号で検索: 郵便番号フィールドで検索
  • ORボタンの色: デフォルトのテーマの「OR」ボタンの色
  • ボタンの色: デフォルトのテーマの[ジオロケート]ボタンの色
  • グローバルフォントの色: このオプションを使用して、マイマップの場所のグローバルフォントの色を設定します
  • 背景画像: デフォルトのテーマでの検索の背景にある画像
  • マーカー: 地図上の位置を追加し、マーカーとして画像を選択します
  • デフォルトのアイコン画像: アイコンが利用できない場合はデフォルトのアイコン画像を使用する
  • ヘルパーオーバーライド: 拡張機能の更新の影響を受けないJoomla標準レイアウトオーバーライドファイルを生成します(/ htmlフォルダー内)

 

2 。 マップソースとしてのBing

MicrosoftのBing Mapsをマップソースとして使用するには、 My Maps locationグローバル構成にAPIキーを入力する必要がありMy Maps location 。 Bingページは次のとおりです。  https://www.bingmapsportal.com/

 

グローバルビング

 

ここから無料のアカウントを作成し、アカウントからAPIキーコードをコピーする必要があります。

 

ビングキーマイクロソフト

 

その後、グローバル構成(デフォルトとして有効にするため)またはメニュー項目からBingマップをマップソースとして使用できます。

 

bing-config

 

2 。 マップソースとしてのMapbox

開発者向けのカスタムマッピングプラットフォームであるMapboxをマップソースとして使用するには、Mapbox APIを My Maps location構成>マッププロバイダー.
Mapboxホームページはこちらです。そこから無料のアカウントを作成する必要があります。 https://www.mapbox.com/

 

mapbox-home

 

そこから、新しいページデザインを作成するか、推奨のデザインを使用してアカウントに保存できます。

 

マップスタイル

 

資格情報を取得するには、 メニューアカウント (右上):

  • Mapbox API:メニューを使用する アカウント>アクセストークン

したがって、作成したマップスタイルごとに1つのキーを取得します。

 

mapbox-apikey

 

次に、それをMy Maps location設定にコピーして使用します。

 

mapbox-config