Droptables :ExcelとGoogle Sheets Sync

1. Excelファイルの同期

作成したテーブルとサーバー上(任意の場所)にあるExcelファイルとの間で同期を実行できます。 「テーブル」という名前の右側のタブの下部に、Excelファイルをテーブルにリンクするためのブロックがあります。  

 

sync-excel-choice

 

クリックすると 参照ボタン、サーバー上の任意の場所でExcelを選択できます。ここでは、メディアマネージャー(/ imagesフォルダー)を介してアップロードされたファイルです。

 

file-browse-excel

 

Excelファイルがテーブルにリンクされると、 データ取得ボタン Excelファイルからデータをインポートします。

 

fetch-excel-data

 

注:スタイルではなくExcelからデータのみが取得されるため、テーブルのグローバルスタイルはインポート時に変更されません。

 

警告:サーバーで使用可能なメモリによっては、非常に大きなExcelファイル(たとえば、 1000行以上)をインポートできません。

 

2 。 Googleスプレッドシートとの同期

Droptablesは、Googleスプレッドシートの同期Droptables提供します。 Googleスプレッドシートは " ウェブに公開」と同期します。まず、Googleドライブからシートを開き、[ファイル]メニューを使用してウェブページとして公開します。

 

Webに公開

 

次に、Googleスプレッドシートのファイルリンクにアクセスし、このリンクをコピーします。

 

公開リンク

 

そしてそれに貼り付けます Droptablesテーブルの「テーブル」タブ。 完了です! Googleスプレッドシートからデータを取得できるようになりました。

 

google-sheet-data

 

注:Excelファイルをインポートしたり、Googleシートからデータを同期したりすると、次の関数を使用した場合にリンクが有効になります。 = HYPERLINK()
例:= HYPERLINK( "https://joomunited.com"、 "Joomunited")

2 。 ExcelとGoogleスプレッドシートの自動同期

ファイルリンクの上で、自動データ同期をアクティブにすることもできます。 Droptablesは、一定の間隔でデータを自動的にフェッチします。

 

同期期間

 

有効化されると、テーブルタイトルの後に通知が表示されます。

 

自動同期通知

 

同期遅延は、 Droptables構成で設定できます。