Droptables :パラメータとトリック

1.パラメータ

Droptablesグローバルパラメータにアクセスするには、 コンポーネント> Droptables >オプション

オプションでは、以下を定義できます。

 

  • テーブルカテゴリアコーディオンの自動クローズ
  • Excelのインポート/エクスポートを有効にする
  • エクスポート形式を選択

 

droptables -paramaters

 

  • ツールチップを有効にする 細胞上
  • 自動保存を有効にする AJAXでは、それ以外の場合は [変更を保存]ボタン
  • テーブルアクセスを有効にする: テーブルアクセス制限(ACL)を有効にします。 Joomlaユーザーグループに基づいてテーブルの編集権限を制限できます
  • セルの強調表示: セルのマウスオーバーで色をアクティブにして、セルのコンテンツを一目で確認します(行のみ/列のみ/両方)
  • ハイライトカラー:セルの強調表示のホバー色
  • フォントの色を強調表示: セルの強調表示のフォントホバー色
  • 不透明度の強調表示: 不透明度レベルを強調表示するセル
  • 非表示の右パネルを有効にする: はい・いいえ
  • テーブル同期の周期性: ExcelファイルまたはGoogleスプレッドシートのテーブル自動同期遅延
  • データベーステーブルを有効にする: はい・いいえ

 

droptable-settings2

 

2 。 ACL権限

Joomla ACL統合が利用可能です。 テーブルエディターのアクションまたはテーブルへのアクセスを制限できるようになりました。 この制限はすべてのテーブルに適用されます。

 

アクセステーブル

 

たとえば、管理者ユーザーが自分のテーブルにのみアクセスして編集できるようにする場合は、「編集」を拒否に設定し、自分を「許可」に編集します。 以下を制限することもできます。

  • グローバル構成
  • インターフェースアクセス
  • テーブルの作成
  • テーブルの削除
  • エディション/独自のエディション
特権管理者ユーザーは、常にすべてのテーブルとカテゴリに対するすべての編集権限を持っています。

 

2 。 HTMLカスタムモジュールにテーブルを読み込む

Droptablesは、すべてのWYSIWYGエディターフィールドで使用するように構築されています。コンテンツプラグインを呼び出す必要があるだけです。 ほとんどの場合、デフォルトで有効になっています。

Joomla HTMLカスタムモジュールのように、そうでない場合は、上記のようにアクティブ化する必要があります。

 

モジュール内のテーブル

 

オプションタブで、オプションを設定する必要があります コンテンツを準備する:はい

 

2 。 計算

Droptables基本的な計算の実装がDroptablesます。 使用可能な要素は次のとおりです。

  • SUM、COUNT、CONCAT
  • 最小・最大・平均  
  • DATE、DAY、DAYS、DAYS360
  • OR、XOR、および

合計を計算するには、セルに次のように入力します(大文字が必須です)。 = SUM(A1; B2)または= SUM(A1:B2)

そして、あなたは数、お金または日付でセル計算のためのシンボルを設定することができます。

 

計算設定

 

  • 日付形式: 日付計算の日付形式を設定する
  • シンボル位置: お金のセル計算を行うために、通貨記号のデフォルト位置を定義します
  • 通貨記号: お金のセル計算を行うには、デフォルトの通貨記号を定義します
  • 小数点記号: セル計算を行うには、デフォルトの小数点記号を定義します
  • 小数: 小数点記号の後の桁数
  • 千の記号: セル計算を行うために、デフォルトの千の記号を定義します