WP Table Manager:スタイリングテーブル

1.フォーマット

デフォルトでは、フォーマットタブは画面の右側にあります。 さまざまなパラメータが含まれています。

 

image31

 

  • セルタイプ デフォルトまたはHTML デフォルトタイプでは、画像のようなHTMLコンテンツを挿入するHTMLを使用して計算することができます。 セルにHTMLを追加した瞬間のために、すべてのセル用のWYSIWYGエディタが次のバージョンで実装される予定です。
  • セルの背景 色: もちろん背景色の定義

 

image32

 

罫線とフォントのオプションは単一または複数のセルに適用できます

 

image33

 

行と列の幅はピクセル単位で定義できます。 テーブル内の任意の場所で列または行を選択し、サイズを検証します。

 

2.テーマと並べ替えオプション

右側のテーブルタブには、テーマ選択機能があります。 テーマをクリックして適用するだけです。

テーマを適用すると、テーブル内のすべてのデータとスタイルが置き換えられます。 したがって、続行する方法は、テーマを適用してからデータを編集するか、独自のテーマを作成してからテーブルを複製することです。

 

テーマ選択

 

「自動スタイリング機能:テーブルの線に色を付けることができます。 ヘッダースタイル そして フッタースタイル オプション あなたはテンプレートスタイルを選択するか、プラグイン設定であなた自身のものを作ることができます。

 

image35

 

sortableパラメータはフロントエンドでAJAXデータのソートをすることを可能にします。

 

image36

 

テーブルの整列は、テーブル全体を含むdivを整列することです。たとえば、すべてのテーブルを中央揃えにします。

 

image37

 

セルハイライトもオプションとして用意されています。 設定でこの機能を有効にできます。 デフォルトでは無効になっています。 ハイライトの行とハイライトの不透明度を調整できます。

 

テーブルハイライト

 

3.セルにツールチップを追加します

セルツールチップはプラグイン設定から有効にする必要があります (設定メニュー) 有効化すると、下部にボタンが表示されます フォーマット テーブル編集中のタブ。

 

image39

 

幅はピクセル単位で指定できます。 編集ツールチップを使用すると、ツールチップを編集するためのエディタ付きのツールチップに移動できます。

 

ツールチップエディター

 

コンテンツを追加して保存するだけで、ツールヒントはマウスオーバーでパブリック側に表示されます。

 

ツールチップホバー

 

4.行と列の凍結

行または列の凍結は タブ。 あなたは5行または列までフリーズすることができます。 最初の行/列から数えます。

 

フリーズライン

 

行をフリーズさせるには、テーブルの高さを固定できる追加のオプションがあります(テーブルコンテナの高さは無限大である可能性があるため)。

 

凍結列

 

フリーズする行または列を選択すると、テーブルをスクロールして常に固定の行を表示することができます。

 

修正行表示

 

5.列データのフィルタリング

フィルタリングオプションは、[テーブル]タブでも利用できます。 公開データフィルタリングフィールドを有効にするために有効にすることができます。

 

フィルター列

フィルタの例:

 

レスポンシブテーブルスクロール

 

6.カスタムCSS

一歩先を行きましょう。 あなたがCSSのスキルを持つWebデザイナーであれば、あなたはCSSにCSSを追加することができるでしょう。 もっとタブ。 セルに余白と境界線の半径を追加できます。

 

image47

 

テーマを適用した場合は、カスタムCSSが自動的に追加されます。 もちろんそれを編集することもできます。

 

まだ もっとタブカスタムをクリック CSSボタン CSS版へのアクセス CSSコードはコードミラーを使用して色付けされていて、より少ないCSSで書くことができます、それも働きます!

 

カスタムテーブルCSS

 

セル、行、列には、それぞれを識別してカスタムCSSを適用するための座標があります。 Rは行、Cは列です。

 

css-displaying

 

7.レスポンシブWordPressテーブル

私のテーブルはレスポンシブですか、それとも小さなデバイスでスクロールを使用しますか?

WP Table Managerは、オプションとして優先ツールを使用してレスポンシブデザインを処理します。 デフォルトでは、レスポンシブ機能は無効になっています。オーバーフローが発生します(モバイルでは魔女はうまく機能しています)。

 

応答モード

 

レスポンシブモードは高度です、あなたはモバイルサイズで列を隠すための優先順位を定義することができます。 列が非表示になると、チェックボックス付きのモバイルメニューが表示され、列の表示/非表示が強制されます。
列のサイズはテーブルの編集中に固定されています。 すべての列のサイズがコンテナに対して大きすぎると、オーバーフローが発生し、モバイルデバイスで簡単にスクロールできるようになります。

スクロール付きの表(少量の列に適しています)

 

レスポンシブテーブルスクロール

 

列を非表示にした表(大量の列に適しています)

 

57bb0cb0ac948

 

8.ダウンロード表

自分のテーブルを公開して共有するには、有効にする必要があります ダウンロードボタン オプション テーブルタブ 右側のパネルにあります。 ファイルの種類は* .xlsxになります。

 

ダウンロードテーブル

 

9.ページネーション

この機能は、各テーブルの[テーブル]タブにあります。 ページに表示する行数を有効にして選択します。

 

ページネーション-wptm