WP Smart Editor :ファイル&テーブルマネージャー

1.ファイルマネージャー

ファイルマネージャーの購入ボタンをクリックして入力できます 「 WP File Download 」。 そこで、アップロードしたファイルを管理し、作成または編集した記事のコンテンツに挿入できます。 これを行うには、挿入する必要のあるファイルをクリックし、ページの右側で設定を行い、[このファイルを挿入]をクリックします。

 

WP-file-download-light

 

ファイルを編集するには、ファイルをクリックしてから、 WP File Downloadボタン。 サーバーからファイルを削除するには、[アクション]列のごみ箱アイコンをクリックします。

 

WPファイルエディター

 

注:ファイルマネージャーのフルバージョンは、ここでファイルカテゴリ、ファ​​イルアクセス制限、ダウンロード統計などを利用できます。

 

2 。 テーブルマネージャー

WordPressエディターでのテーブルの作成にはHTML / CSSの知識が必要であり、コンテンツ編集者ユーザーのテーブルを管理することはほとんど不可能です。 WP Smart Editorは、強力なWP Table Managerプラグインの軽量バージョンが含まれているため、Excelを使用している場合と同じように、エディターからテーブルを作成、管理、カスタマイズできます。

 

WP-Table-Manager-Light

 

テーブルを作成するには、「新しいテーブル」というテキストが付いたプラスボタンをクリックする必要があります。 行または列を追加するには、Excel領域の右側と下部にあるボタンを使用する必要があります。

 

add-column-line-table

 

行または列の1つを削除するには、行または列を右クリックして、コンテキストメニューから必要なオプションを選択する必要があります。

 

削除行

 

すべての変更は、プラグインによって自動的かつほぼ瞬時に保存されます。 記事にテーブルを挿入するには、「 WP Table Manager 」ボタンをクリックし、ページの左側のリストから挿入するテーブルを選択して、ページの右上隅にある「これを挿入」緑色のボタンをクリックします。

注:テーブルマネージャーのフルバージョンは、Excelテーブルのインポート/エクスポート、Googleシートの同期、テーブルグラフなどで利用できます。