WP Smart Editor:共通機能

1.エディションプロファイル

私たちのプラグインを使用することで、あなたはいくつかのプロファイルを作成し、このプロファイルに適用するために編集ツールのセットをリンクすることができます。
自分のプロフィールを設定するには、プロファイルを編集する」 のポイント 「WP Smart Editor」メニュー いずれかのプロファイルを選択すると、プロファイル設定が表示されます。

 

ユーザーエディタプロファイル

 

最初のタブには、あなたのエディタをカスタマイズするための道具があります。ドラッグ&ドロップを使って利用可能にしたいツールを選択してください。

 

ツールバーエディタ

 

このツールのいくつかを有効にするには、単にセクション1からセクション2にツールをドラッグアンドドロップするだけです。 一行目のツールのいくつかを無効にするには、逆の操作をするだけです。 セクション1からセクション2にドラッグします。
そこでは、既存のものの代わりに私たちが提供するスマートテーブルマネージャとダウンロードマネージャを有効にしたり無効にしたりできます。

保存すると、ツールはエディタで利用可能になります。

 

現在のエディタツール

 

そしてあなたはに行くことができます 投稿の種類とデバイス どのデバイスまたは投稿タイプをアクティブにするかを選択するためのタブ。

 

ポストタイプデバイス

 

2.設定

設定 あなたができるタブ:

 

構成タブ

 

  • (p)タグを表示します。 エディタのHTMLビューに(p)タグと(br)タグを表示する
  • 色付きのHTMLコード: 投稿およびページのHTMLビューでカラーコードを有効にする
  • 色分けされたコード: テーマとプラグインエディタの色付きコードを有効にする

WP Smart editor設定では、エディタおよびHTMLタグオプションで使用できるカスタムCSSスニペットを定義できます。 カスタムスタイルを使用するには、をクリックしてください。 「設定」 「WP Smart Editor」メニュー そこをクリックしてください 「カスタムスタイル」 タブ。

エディタのプロファイルとカスタムスタイルのエクスポートとインポートは インポート・エクスポート ボタン

新しいスタイルを作成するには、スタイルのリストにある「Add new class」ボタンをクリックしてください。 自分のCSSを自分で編集できるのは、[カスタムCSS]フィールドです。

 

カスタムスタイルエディタ


 
行った変更はすべてページの左側に表示されます。 それらは「例文」で文字列に適用されます。 文字列の上と下のテキストには、他の要素のコンテンツでスタイルがどのように見えるかが表示されます。
カスタムスタイルを編集したら、それを使って保存してください。 「スタイルを保存」ボタン
エディタで要素にスタイルを適用するには、要素を選択してドロップダウンリストからスタイルを選択する必要があります。 「カスタムスタイル」 デフォルトにしてすべてのカスタムスタイルを削除するには、を選択します。 「段落」オプション

 

カスタムCSSスタイル