WP Smart Editor :共通機能

1.エディションプロファイル

プラグインを使用して、いくつかのプロファイルを作成し、このプロファイルに適用するエディションツールのセットをリンクできます。
独自のプロファイルを設定するには、「プロファイルの編集」 のポイント 「 WP Smart Editor 」メニュー。 プロファイルの1つを選択すると、プロファイル構成が表示されます。

 

ユーザーエディタープロファイル

 

最初のタブには、エディターをカスタマイズするためのツールがあります。ドラッグアンドドロップを使用して、使用可能にするツールを選択します。

 

ツールバーエディター

 

このツールの一部をアクティブにするには、ツールをセクション1からセクション2にドラッグアンドドロップするだけです。 最初の行でいくつかのツールを非アクティブ化するには、反対のことを行う必要があります。 セクション1からセクション2にドラッグします。
そこで、既存のものの代わりに、私たちが提供するスマートテーブルマネージャーとダウンロードマネージャーをアクティブ化および非アクティブ化できます。

保存すると、エディタでツールを使用できるようになります。

 

現在のエディターツール

 

そして、あなたは行くことができます 投稿のタイプとデバイス 有効にするデバイスまたは投稿のタイプを選択するタブ。

 

ポストタイプデバイス

 

2 。 構成

で 構成 できるタブ:

 

構成タブ

 

  • ディスプレイ(p)タグ: (p)および(br)タグをエディターのHTMLビューで表示する
  • 色付きHTMLコード: 投稿とページのHTMLビューでカラーコードを有効にする
  • 色付きコード: テーマとプラグインエディターのカラーコードを有効にする

WP Smart editor構成では、エディターとHTMLタグオプションで使用できるカスタムCSSスニペットを定義できます。 カスタムスタイルを使用するには、  「構成」  「 WP Smart Editor 」メニュー。 そこをクリックしてください 「カスタムスタイル」 タブ。

エディタのプロファイルとカスタムスタイルをエクスポートおよびインポートできます。 インポート・エクスポート ボタン

新しいスタイルを作成するには、スタイルのリストで[新しいクラスを追加]ボタンをクリックする必要があります。 カスタムCSSフィールドで自分のCSSを編集できます。

 

カスタムスタイルエディター


 
変更はすべてページの左側に表示されます。 それらは「サンプルテキスト」で文字列に適用されます。 文字列の上と下のテキストは、スタイルが他の要素のコンテンツでどのように見えるかを表示します。
カスタムスタイルを編集した後、次を使用して保存する必要があります 「スタイルを保存」ボタン。
エディターで要素にスタイルを適用するには、要素を選択し、ドロップダウンリストからスタイルを選択する必要があります 「カスタムスタイル」。  デフォルトにしてすべてのカスタムスタイルを削除するには、 「段落」オプション。

 

カスタムCSSスタイル