WP Meta SEO :XMLおよびHTMLサイトマップ

1. XMLサイトマップの生成

 

WP Meta SEOは、XMLサイトマップとHTMLサイトマップを生成するツールが付属しています。 XMLサイトマップの主な目的は、ページをより高速かつ適切にインデックス化するために、それらをGoogle Search Consoleに追加することです。 「サイトマップ」メニューを使用してサイトマップツールにアクセスします。

 

サイトマップメニュー

 

次に、構成画面といくつかのタブが表示され、サイトマップに追加するコンテンツを選択できます。

 

サイトマップ-cinfiguration

 

デフォルトでは、すべてのメニューがサイトマップソースとして選択されており、XMLおよびHTMLサイトマップをロードするためのボタンが表示されます。 次のオプションがあります。

  • WordPressカテゴリ、タグ、作成者の投稿などの追加のWordPressコンテンツをサイトマップに追加します
  • HTMLサイトマップの場合、コンテンツに表示する列の数を1〜3から選択できます
  • HTMLサイトマップのコンテンツをロードするページ。 デフォルトではページが作成されますが、既存のページを選択できます
  • のサイトマップへのリンクを追加します robots.txt。 XMLサイトマップのURLにアクセスするツールがない検索エンジンに役立ちます
  • WordPressインストールのルートにサイトマップのコピーを追加します。 これは、検索エンジンとサードパーティのSEOツールによってデフォルトでクロールされる場所です

 

サイトマップソースを選択するには、タブを移動して、目的のメニュー、サブメニュー、投稿、またはページを確認します。

 

sitemap-source

 

ADDONには、カスタムURLに沿って、WooCommerceなどのカスタム投稿タイプをソースとして追加することもできます。

 

カスタムURL

 

 

2 。 HTMLサイトマップの生成

HTMLサイトマップの場合は、サイトマップメニュー、投稿、またはページに表示する列の数を選択するオプションもあります。

 

コラム-サイトマップ

 

コンテンツを更新する場合は、 サイトマップを再生成して保存する ボタンを押してサイトマップを更新します。

 

html-sitemap

 

プラグインアドオンには、アコーディオンレイアウトとタブ付きレイアウトなどの追加テーマも付属しています。

 

HTML-sitemap-layouts

 

 

2 。 XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに送信します

WP Meta SEOを使用すると、XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに自動的に送信できます。 あなたは行くべきです  WP Meta SEO設定>検索コンソール 認証コードを入力します。

 

 

search-console-settings

 

独自のGoogleデベロッパーアプリの認証情報を使用するか、をクリックしてトークンを取得できます Google認証コードを取得 ボタン。

 

google-auth-screen

 

次に、Google認証画面で詳細を確認し、適切なフィールドにトークンをコピーします。

 

auth-code-copy

 

完了です! サイトマップ管理インターフェースの[保存]ボタンをクリックするたびに、サイトマップはGoogle Search Consoleに再送信されます。

 

保存サイトマップ

 

WP Meta SEO Addonのサブスクリプションがある場合は、サイトマップチェッカーツールを使用してサイトマップリンクを確認することもできます。

 

サイトマップチェックリンク

 

ボタンをクリックすると、URLのリストが画面に表示されます。

 

サイトマップチェックリスト

 

結果は、サイトマップに存在するAJAXを利用したページのリストと、それらのステータスおよびその他の情報です。 異なる列で並べ替えて特定のグループに焦点を当て、その後問題を修正できます。