WP Meta SEO:XMLおよびHTMLサイトマップ

1. XMLサイトマップの生成

 

WP Meta SEOには、XMLサイトマップとHTMLサイトマップを生成するツールが付属しています。 XMLサイトマップの主な目的は、ページをより速くより良くインデックス付けするためにそれらをGoogle検索コンソールに追加することです。 [サイトマップ]メニューを使用してサイトマップツールにアクセスします。

 

サイトマップメニュー

 

その後、サイトマップに追加するコンテンツを選択するための設定画面といくつかのタブが表示されます。

 

サイトマップ設定

 

デフォルトでは、すべてのメニューがサイトマップのソースとして選択されており、XMLおよびHTMLサイトマップを読み込むためのボタンが表示されます。 あなたができるオプションの中で:

  • WordPressのカテゴリ、タグ、作者の投稿など、追加のWordPressコンテンツをサイトマップに追加する
  • HTMLサイトマップの場合、コンテンツに表示する列数を1から3の間で選択できます。
  • HTMLサイトマップコンテンツをロードするページ。 デフォルトではページが作成されますが、既存のページを選択できます
  • サイトマップへのリンクを robots.txt。 XMLサイトマップのURLにアクセスするためのツールがない検索エンジンに役立ちます。
  • あなたのWordPressインストールのルートにあなたのサイトマップのコピーを追加してください。 これは、検索エンジンとサードパーティのSEOツールによってデフォルトでクロールされる場所です。

 

サイトマップのソースを選択するには、タブを移動して、必要なメニュー、サブメニュー、投稿、またはページを確認します。

 

sitemap-source

 

アドオンには、WooCommerceなどのカスタム投稿タイプをソースとしてカスタムURLに追加する機能も含まれています

 

カスタムURL

 

 

2. HTMLサイトマップの生成

HTMLサイトマップの場合は、サイトマップメニュー、投稿、またはページに表示する列数を選択することもできます。

 

列サイトマップ

 

コンテンツを更新する場合は、をクリックする必要があります。 サイトマップを再生成して保存する サイトマップを更新するためのボタン。

 

html-sitemap

 

プラグインアドオンには、アコーディオンレイアウトとタブ付きレイアウトといういくつかの追加テーマもあります。

 

HTMLサイトマップレイアウト

 

 

3. XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに送信します

WP Meta SEOを使用すると、XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに自動的に送信できます。 あなたはに行くべきです WP Meta SEO設定>検索コンソール 認証コードを入力します。

 

 

検索コンソールの設定

 

独自のGoogle Developer App認証情報を使用するか、またはをクリックしてトークンを取得できます。 Google認証コードを入手する ボタン。

 

google-auth-screen

 

その後、Googleの承認画面で詳細を確認し、適切な欄にトークンをコピーします。

 

認証コードコピー

 

これで終わりです! サイトマップ管理インターフェースから[保存]ボタンをクリックするたびに、サイトマップはGoogle検索コンソールに再送信されます。

 

サイトマップを保存

 

WP Meta SEOアドオンを購読している場合は、サイトマップチェッカーツールを使用してサイトマップのリンクを確認することもできます。

 

sitemap-check-link

 

ボタンをクリックすると、URLのリストが画面に表示されます。

 

サイトマップ - チェックリスト

 

その結果、サイトマップ内に存在するページのAJAX-poweredリストが、そのステータスやその他の情報と共に表示されます。 特定のグループに焦点を合わせるために異なる列でソートし、その後問題を解決することができます。