Advanced Gutenberg :設定

1.設定

画像にライトボックスとキャプション機能を使用するには、 ライトボックスでギャラリーを開く そして 画像のキャプション それぞれのオプション Advanced Gutenbergの[構成]タブ 設定で。

 

adv-gutenberg-settings

 

  • ライトボックスでギャラリーを開く: ギャラリー画像をライトボックススタイルのポップアップとして開く

  • 画像のキャプション: 画像(alt)属性をライトボックス画像のキャプションとして読み込む

  • Autopを削除します。 一部のブロックに不要な段落が追加されるのを防ぐために使用されるWordPress関数autopを削除しWordPress

  • Google APIキー: このAPIキーは、マップブロックを使用するために必要です

ブロック設定

  • ブロックの間隔を有効にする: 最小の垂直ブロック間隔を自動的に適用します-デフォルトはなしで、値はピクセルで指定する必要があります

  • ブロックアイコンの色: 管理者のブロックアイコンの色を設定、 Advanced Gutenbergブロックにのみ適用

  • エディターの幅: 管理Gutenbergエディターの幅サイズを定義する

  • デフォルトのサムネイル: 最近の投稿ブロックで使用するデフォルトの投稿サムネイルを設定する

  • 列のビジュアルガイドを有効にする: 境界線を有効にしてAdvを具体化します。 Gutenberg Columnブロック

あなたも見つけることができます 前売 グーテンベルクの設定  エディタの右上隅の隣に 設定 アイコン。

 

editor-adv-gutenberg-settings

 

2 。 デフォルトのブロック構成

Advanced Gutenbergでブロックを調整するには、メニューに移動します Advanced Gutenberg > [構成]> [デフォルトブロックの構成]タブ.

 

default-blocks-config

 

各ブロックについて、隣接するボタンをクリックしてデフォルト設定を編集できます 設定 アイコン。

 

ブロック編集