Advanced Gutenberg:構成

1.設定

画像にライトボックスとキャプションの機能を使用するには、有効にする必要があります。 ライトボックスでギャラリーを開く そして 画像キャプション それぞれオプション Advanced Gutenbergの[構成]タブ 設定で。

 

adv-gutenberg-settings

 

  • ライトボックスでギャラリーを開く: ライトボックススタイルのポップアップとしてギャラリー画像を開く

  • 画像の説明: ライトボックス画像のキャプションとして画像(alt)属性を読み込む

  • 自動停止を削除します。 いくつかのブロックに不要な段落が追加されるのを防ぐために使用されていたWordPress関数のautopを削除します。

  • Google APIキー: このAPIキーはMap Blockを使用するために必要です

ブロック設定

  • ブロック間隔を有効にします。 最小の垂直ブロック間隔を自動的に適用します - デフォルトはnoneです、そして値はピクセルで与えられるべきです

  • ブロックアイコンの色: 管理上のブロックアイコンの色を設定、Advanced Gutenbergブロックにのみ適用

  • エディタの幅: 管理グーテンベルグエディタの幅のサイズを定義します

  • デフォルトのサムネイル: Recent Postsブロックで使用するデフォルトの投稿サムネイルを設定する

  • 列ビジュアルガイドを有効にする: 境界線を有効にして前立腺を実現 グーテンベルクコラムブロック

また見つけることができます 前編 グーテンベルク設定 エディタの右上隅、の隣に 設定 アイコン。

 

editor-adv-gutenberg-settings

 

2.デフォルトのブロック設定

Advanced Gutenbergのブロックを調整するためには、メニューに行くことができます Advanced Gutenberg> 設定>デフォルトブロック設定タブ.

 

default-blocks-config

 

ブロックごとに、隣のをクリックしてデフォルト設定を編集できます。 設定 アイコン。

 

ブロック編集