WP Table Managerのドキュメント

前書き

WP Table Managerは、WordPressのHTMLテーブルをスプレッドシートのようなインターフェイスで管理するために使用されるWordPressの拡張機能です。 それはすべてのテーマが含まれている単一のパッケージとして来ます。

 

WPテーブルマネージャ

 

主な利点:

  • スプレッドシートのようにテーブルを管理する
  • 6テーマが含まれています
  • あらゆる編集者から完全に管理
  • AJAX自動保存
  • フロントエンド上のソート可能なデータ
  • セル、行、列スタイルエディタ
  • ドラッグアンドドロップで行と列のサイズを変更する
  • ドラッグ&ドロップでセルをコピー
  • ワンクリックでテーブル全体をコピーする
  • HTMLセルフォーマット
  • 高度なCSSコードエディタ

 

I. WP TABLE MANAGERのインストール

1.1インストール

 

私たちのプラグインをインストールするには、標準のWordPressインストーラを使うか解凍して/ wp-content / pluginに全てのフォルダを置いてください。

 

install-wp-media-folder

 

それからをクリックしてください プラグインを有効にする、WordPressの左メニューにWP Media Folderメニューが表示されるのを確認します。

WP Table managerは、専用の左メニューから、またはエディタのライトボックスからアクセスできます。 [設定]メニューにもパラメータがあります。

 

1.2プラグインを更新する

WP Media Folderを更新するためには、WordPressのデフォルトのアップデータを使用することができます。 www.joomunited.comからダウンロードした.zipファイルから新しいバージョンを削除してインストールすることもできます。 いずれにせよ、すべてがデータベースに保存されているため、コンテンツを失うことはありません。

 

wptm-update

 

セキュリティと安定性の問題を避けるために、常に最新版を入手してください。

有料版を更新するには、WordPress設定からJoomUnitedアカウントにログインする必要があります。 設定>一般

 

リンクアカウント

 

その後、あなたのJoomUnitedアカウントのログイン名とパスワードを使用してください。 ログインが成功すると、ボタンはテキスト付きで青に変わります。 JoomUnitedアカウントを切断する

 

image9

 

そして最後に、更新されたWordPress標準からすべてのJoomUnited商用プラグインを更新できます。

 

II。 WP TABLE MANAGERの一般的な使用

あなたがプラグインビューを持っていても、WP Table Managerの主なアイデアはエディタからすべてのテーブルを管理することです。 WP Table Managerは、フロントエンドとバックエンドの両方のために、すべてのWordPress WYSIWYGエディタで動作します。 例えば、あなたはカスタムWordPressモジュールでそれを使うことができます。
 

2.1記事からテーブルを管理する

 

表管理ボタン

 

WP Table Managerをインストールすると、エディタの下にエディタボタンが表示されます。 それをクリックしてメインWP Table Managerビューを開きます。

ライトボックス内のテーブルマネージャが投稿から開いた:

 

image14

 

エディタにテーブルを挿入したい場合は、右上の[このテーブルを挿入]ボタンをクリックして、テーブルを記事に追加します。 その後、テーブルは灰色の領域とExcelのようなアイコンで実体化されます。

 

image15

 

エリアをクリックしてからWP Table Managerボタンをもう一度クリックすると、以前に追加されたテーブルがロードされます。

 

image16

 

しかし、グーテンベルグは現在WordPressのデフォルトエディタなので、ご覧になってください。 2.7グーテンベルクのブロック

2.2テーブルとカテゴリを管理する

テーブルはカテゴリ内に分類されます。 あなたはあなたがカテゴリの中に欲しいだけのテーブルを持つことができます。

テーブルカテゴリを作成するために、クリックして下さい 新しいテーブルカテゴリ ボタン ダッシュボードのヘッダーに。 新しいテーブルを作成するには、をクリックしてください。 テーブル作成ボタン

 

テーブルカテゴリ

 

注:デフォルトのカテゴリとテーブルは、プラグインのインストール中にすでに作成されています

 

カテゴリはその上にマウスを置くことで管理できます。名前を編集したり削除したりすることができます。

 

テーブル名

 

カテゴリを並べ替えるには、ドラッグアンドドロップ機能を使用できます。

 

テーブル移動

 

テーブルタイトルの上にマウスを置くと、テーブルタイトルの編集、テーブルのコピー(データとテンプレートを含むすべてのテーブル)、またはゴミ箱へのアイコンが表示されます。

 

2.3表版

テーブルにデータを追加するには、スプレッドシートにいるときと同じように行動する必要があります。 セルをダブルクリックすると、コンテンツを更新することができます。シングルクリックでセルを選択します(たとえばスタイルを適用します)。

 

image20

 

行や列を追加するには、テーブルの枠線の+をクリックするか、または右クリックを使用します。

 

行追加行

 

セルをコピーするには、CTRL + C / CTRL + V(または同じJを実行するアップルのもの)を使用するか、マウスをセルの右下隅に置いて目的の方向に移動することもできます。

 

セルコピー

 

あなたがしていることはすべて右上のメッセージで自動的に保存されることに注意してください

 

最新の変更を元に戻すことができます。

 

image24

 

WP Table Managerはあなたが行った変更のバックアップを保持し、それを復元することができます。

 

image25

 

2.4高度なコンテンツ編集

各セル内にWYSIWYGエディタを使用してHTMLコンテンツを追加できます。 右側のセルを選択 フォーマット> HTML。

 

image26

 

セルを編集すると、HTMLエディタが表示されます。 画像とHTMLが利用可能です。

 

html-table-cell

 

セルをマージすることもできます。 2つ以上のセルを選択してから右クリックすると、メニューからマージを実行できます。

 

image28

 

2.5 Excelとスプレッドシートのインポート/エクスポート

弊社の専用ツールを使用して、スプレッドシートをWP Table Managerにインポートおよびエクスポートできます。

 

image29

 

テーブルはExcelまたはOpen Officeのドキュメントからインポートできます。 フォーマットは自動的に検出されてインポ​​ートされます。 最初のExcelページだけがインポートされることに注意してください。

エクスポートはExcel 2003または2007形式で実行できます。

 

image30

 

2.6ショートコード

各テーブルにはショートコードがあります。 もっとタブ 右側のパネルにあります。 そうすれば、ショートコードを使ってテーブルを簡単に共有することができます。例えば:[wptm id = 8]

 

ショートコード

2.7グーテンベルクのブロック

あなたは今グーテンベルクエディタであなたのテーブルやチャートを表示することができます。 これら2つのWP Table Managerブロックは、WP Table ManagerとWP Table Managerチャートです。

グーテンベルクエディタでテーブルを表示するには、 WP Table Manager ウィジェットカテゴリのボタン。 ドロップダウンメニューが表示されたら、フロントエンドに表示したいテーブルを選択します。

 

テーブルブロック追加

 

グラフをクリックして WP Table Managerチャート ウィジェットカテゴリのボタン。 それからドロップダウンメニューから一つのチャートを選びます。

 

チャート追加ブロック

 

III。 スタイルテーブル

3.1フォーマット

デフォルトでは、フォーマットタブは画面の右側にあります。 さまざまなパラメータが含まれています。

 

image31

 

  • セルタイプ デフォルトまたはHTML デフォルトタイプでは、画像のようなHTMLコンテンツを挿入するHTMLを使用して計算することができます。 セルにHTMLを追加した瞬間のために、すべてのセル用のWYSIWYGエディタが次のバージョンで実装される予定です。
  • セルの背景 色: もちろん背景色の定義

 

image32

 

罫線とフォントのオプションは単一または複数のセルに適用できます

image33

 

行と列の幅はピクセル単位で定義できます。 テーブル内の任意の場所で列または行を選択し、サイズを検証します。

 

3.2テーマとソートオプション

右側のテーブルタブには、テーマ選択機能があります。 テーマをクリックして適用するだけです。

テーマを適用すると、テーブル内のすべてのデータとスタイルが置き換えられます。 したがって、続行する方法は、テーマを適用してからデータを編集するか、独自のテーマを作成してからテーブルを複製することです。

 

テーマ選択

 

「自動スタイリング機能:テーブルの線に色を付けることができます。 ヘッダースタイル そして フッタースタイル オプション あなたはテンプレートスタイルを選択するか、プラグイン設定であなた自身のものを作ることができます。

 

image35

 

sortableパラメータはフロントエンドでAJAXデータのソートをすることを可能にします。

 

image36

 

テーブルの整列は、テーブル全体を含むdivを整列することです。たとえば、すべてのテーブルを中央揃えにします。

 

image37

 

セルハイライトもオプションとして用意されています。 設定でこの機能を有効にできます。 デフォルトでは無効になっています。 ハイライトの行とハイライトの不透明度を調整できます。

 

テーブルハイライト

 

3.3セルにツールチップを追加する

セルツールチップはプラグイン設定から有効にする必要があります (設定メニュー) アクティベーション後、テーブル編集中にフォーマットタブの下部にボタンが表示されます。

image39

 

幅はピクセル単位で指定できます。 編集ツールチップを使用すると、ツールチップを編集するためのエディタ付きのツールチップに移動できます。

 

image40

 

コンテンツを追加して保存するだけで、ツールヒントはマウスオーバーでパブリック側に表示されます。

 

image41

 

3.4行と列の凍結

行または列の凍結は タブ。 あなたは5行または列までフリーズすることができます。 最初の行/列から数えます。

 

image42

 

行をフリーズさせるには、テーブルの高さを固定できる追加のオプションがあります(テーブルコンテナの高さは無限大である可能性があるため)。

 

image43

 

フリーズする行または列を選択すると、テーブルをスクロールして常に固定の行を表示することができます。

 

image44

 

3.5列データのフィルタリング

フィルタリングオプションは、[テーブル]タブでも利用できます。 公開データフィルタリングフィールドを有効にするために有効にすることができます。

 

image45

フィルタの例:

 

レスポンシブテーブルスクロール

 

3.6カスタムCSS

一歩先を行きましょう。 あなたがCSSのスキルを持つWebデザイナーであれば、あなたはCSSにCSSを追加することができるでしょう。 もっとタブ。 セルに余白と境界線の半径を追加できます。

 

image47

 

テーマを適用した場合は、カスタムCSSが自動的に追加されます。 もちろんそれを編集することもできます。

 

まだ もっとタブカスタムをクリック CSSボタン CSS版へのアクセス CSSコードはコードミラーを使用して色付けされていて、より少ないCSSで書くことができます、それも働きます!

 

カスタムテーブルCSS

 

セル、行、列には、それぞれを識別してカスタムCSSを適用するための座標があります。 Rは行、Cは列です。

 

image49

 

3.7レスポンシブWordPressテーブル

私のテーブルはレスポンシブですか、それとも小さなデバイスでスクロールを使用しますか?

WP Table Managerは、オプションとして優先ツールを使用してレスポンシブデザインを処理します。 デフォルトでは、レスポンシブ機能は無効になっています。オーバーフローが発生します(モバイルでは魔女はうまく機能しています)。

 

応答モード

 

レスポンシブモードは高度です、あなたはモバイルサイズで列を隠すための優先順位を定義することができます。 列が非表示になると、チェックボックス付きのモバイルメニューが表示され、列の表示/非表示が強制されます。
列のサイズはテーブルの編集中に固定されています。 すべての列のサイズがコンテナに対して大きすぎると、オーバーフローが発生し、モバイルデバイスで簡単にスクロールできるようになります。

スクロール付きの表(少量の列に適しています)

 

レスポンシブテーブルスクロール

 

列を非表示にした表(大量の列に適しています)

 

57bb0cb0ac948

 

3.8ダウンロード表

自分のテーブルを公開して共有するには、有効にする必要があります ダウンロードボタン オプション テーブルタブ 右側のパネルにあります。 ファイルの種類は* .xlsxになります。

 

ダウンロードテーブル

 

IV。 テーブルからのチャート

4.1データを含むテーブルを作成する

バージョン2.0以降、あなたのコンテンツの中にチャートを追加することが可能になりました。 まず、チャートを生成するためのデータを含むテーブルを作成します。

 

image50

 

それからあなたがチャートを生成するために選択をします、ここですべてのテーブルが選択されます、クリック チャートボタンを追加します。

 

image51

 

選択したデータ範囲を考慮してチャートが生成されます。 右側でテーブルの種類を選択できます。 データセットから必要に応じてグラフとして生成できます。

 

image52

 

グラフはテーブル内のデータ変更に関して動的に更新されます。

 

4.2グラフパラメータ

グラフを追加したら、右側の列にいくつかのオプションがあります。

image53

 

[スイッチの行/列]は、データセットで数字のみを選択した場合にのみ使用できます。 データをcolからrowに切り替えることができます。

「最初の行/列をラベルとして使用」パラメータを使用すると、グラフにラベルを追加できます。

 

image54

 

それからあなたはあなたのチャートに幅/高さ、位置合わせ、色を設定するオプションがあります。

 

V.エクセルとグーグルシートの同期

5.1テーブルをExcelファイルデータと同期する

作成したテーブルとサーバー上のExcelファイル(どこでも)の間で同期を実行することができます。 から 一番下の「Table」という名前の右側のタブ Excelファイルをテーブルにリンクするためのブロックがあります。

 

Excelへのリンク


もし、あんたが 参照ボタンをクリックサーバー上の任意の場所でExcelを選択できます。ここではメディアマネージャを介してアップロードされたファイルです(/ uploadsフォルダ)。

 

リンクエクセルファイルテーブル

 

あなたのExcelファイルがテーブルにリンクされると、あなたはヒットすることができます データを取得する Excelファイルからデータをインポートするためのボタン。

注意: スタイルではなくデータのみがExcelから取得されるため、インポート時にテーブルのグローバルスタイルは変更されません。

 

取り出し - エクセルデータ

 

警告:サーバーで利用可能なメモリ容量によっては、非常に大きなExcelファイル(たとえば1000行以上)をインポートすることはできません。

それからデータインポートの結果です。

 

ExcelとGoogleシートの同期

 

5.2 Googleスプレッドシートとの同期

WP Table ManagerはまたGoogle Sheetsの同期の可能性を提供しています。 Googleシートを同期させるには公開する必要があります。 まず最初に、Googleドライブからあなたのシートを開き、ウェブページとしてそれを使って公開する。 ファイルメニュー

 

ウェブグーグルシートの発行

 

その後、Google Sheetsファイルへのリンクにアクセスし、このリンクをコピーします。

 

リンクシート

 

そして貼り付ける WP Table managerの[テーブル]タブ

 

Excelへのリンク

 

これで終わりです! 今すぐ同期のためのデータを取得し、そして自動同期も実行できます。 フェッチスタイルのオプションは、Google Sheetsのスプレッドシートスタイルも取得したい場合に使用します。

 

5.3 ExcelとGoogleスプレッドシートの自動同期

ファイルリンクの上には、自動同期を有効にすることもできます。 WP Table Managerは定期的にデータを自動的に取得します。

有効にすると、表のタイトルの後に通知が表示されます。

 

Googleシート同期通知

 

同期遅延は、WP Table Managerグローバル構成で設定できます。

 

同期期間

 

 

VI。 WP TABLE MANAGERパラメータ

6.1パラメータ

WP Table Managerにアクセスするには、にアクセスしてください。 WP Table Manager>構成

オプションとしてあなたが定義することができます:

  • インポート/エクスポートボタンを有効にする
  • エクスポートファイル形式
  • ツールチップを有効にする
  • 自動保存を有効にするか手動保存ボタンを有効にする
  • ファイル同期の周期性
  • フロントエンドにプラグインをロードする
  • 代替色を再構築
  • セルの強調表示
  • 背景色をハイライトする
  • フォントの色を強調する
  • 不透明度を強調する
  • 日付フォーマット
  • シンボル位置
  • 通貨記号
  • 小数点記号
  • 10進数
  • 千のシンボル

 

image55

 

VII。 WP TABLE MANAGERヒントANSトリック

7.1計算

あなたはWP Table Managerで基本的な計算の実装をしています。 利用可能な要素は次のとおりです。

  • SUM、COUNT、CONCAT
  • 最小・最大・平均
  • DATE、DAY、DAYS、DAYS360
  • OR、XOR、AND

合計するには、= SUM(A1; B2)または= SUM(A1:B2)のように入力します。

 

合計計算

 

7.2ユーザーロール

テーブル管理は、特定のアクションを実行する可能性を持つWordPressユーザーロールによって定義されます。 ユーザーロールのすべてのユーザーは、テーブル管理に関して同じ権限を持ちます。
アクセスを設定するにはメニューを使用します WP Table Manager>ユーザーロール

 

ユーザー役割設定

 

ユーザがログインした後、彼はファイルを管理するための彼のグループ特権を持つでしょう。

カテゴリとテーブルのユーザー所有者は、次の場所で設定できます。 もっと タブ。

 

set-user-role

 

VIII。 データベースからのテーブル

WP Table Managerを使用すると、データベーステーブルからテーブルを作成できます。

管理者から、をクリックしてください WP Table Manager>データベーステーブル。

 

 

そうすれば、データベースからテーブルと列を選択できるようになります。 コントロールを打つことによって、あなたはいくつかのテーブル、列を選択することができます。

 

データベース選択

 

列選択では、パブリック側に表示されるときに、テーブル内のデータのカスタムタイトルとデフォルトの順序を定義できます。

 

列タイトル順

 

それからあなたはあなたのテーブルに適用するためにいくつかのオプションとフィルタを得ました:

  • ページネーションのデフォルトレベル(大量のデータで使用される)
  • ページ区切りの行数
  • あなたのデータにフィルタをかけてください。 列は、定義された値と同じ、異なる場合があります。
  • いくつかの値を列にグループ化する可能性

 

データベーステーブルオプション

 

最後に、他の表と同じように表をプレビューして生成できます。

唯一の違いは、テーマをテーブルに適用することはできませんが、他のテーブルと同様にすべての表示をカスタマイズできることです。

 

あなたのテーブルが生成されたとき、あなたはまだそのテーブルにアクセスすることができます。 データベースソース そして例えばあなたのテーブルに "Status"カラムを追加することができます。 情報源 タブ。

 

データベーステーブル生成