WP Smart Editorのドキュメント

前書き

WP Smart Editorは、ファイルとテーブルマネージャを含むWordPress用のフリーテキストエディタです。 WP Smart Editorは、あなたとあなたのクライアントに、ユーザーの役割ごとに、あるいはユーザーごとに利用可能なツールをフィルタリングする可能性を持つカスタムエクスペリエンスを提供します。 さらに、プラグインには、以下のような時間節約ツールが付属しています。テーブルマネージャ、ファイルマネージャ、カスタムスタイルエディタ、ボタン、箇条書きリスト、その他の要約ツール。

 

WPスマートエディタ

 

I. WP SMART EDITORのインストール

1.1インストール

私たちのプラグインをインストールするには、標準のWordPressインストーラを使うか解凍して/ wp-content / pluginに全てのフォルダを置いてください。

 

install-wp-media-folder

 

次に、プラグインを有効にするをクリックして、WordPressの左メニューにWP Smart Editorメニューが表示されることを確認します。


1.2プラグインを更新する

WP Smart Editorを更新するためには、WordPressのデフォルトのアップデータを使用することができます。 また、www.joomunited.comまたはwordpress.orgからダウンロードした.zipファイルから新しいバージョンを削除してインストールすることもできます。 いずれにせよ、すべてがデータベースに保存されているため、コンテンツを失うことはありません。

 

wpse-update

 

セキュリティと安定性の問題を避けるために、常に最新版を入手してください。

 

II。 共通の機能

2.1エディションプロファイル

私たちのプラグインを使用することで、あなたはいくつかのプロファイルを作成し、このプロファイルに適用するために編集ツールのセットをリンクすることができます。
自分のプロフィールを設定するには、プロファイルを編集する」 のポイント 「WP Smart Editor」メニュー いずれかのプロファイルを選択すると、プロファイル設定が表示されます。

 

ユーザーエディタプロファイル

 

最初のタブには、あなたのエディタをカスタマイズするための道具があります。ドラッグ&ドロップを使って利用可能にしたいツールを選択してください。

 

ツールバーエディタ

 

このツールのいくつかを有効にするには、単にセクション1からセクション2にツールをドラッグアンドドロップするだけです。 一行目のツールのいくつかを無効にするには、逆の操作をするだけです。 セクション1からセクション2にドラッグします。
そこでは、既存のものの代わりに私たちが提供するスマートテーブルマネージャとダウンロードマネージャを有効にしたり無効にしたりできます。

保存すると、ツールはエディタで利用可能になります。

 

現在のエディタツール

 

そしてあなたはに行くことができます 投稿の種類とデバイス どのデバイスまたは投稿タイプをアクティブにするかを選択するためのタブ。

 

ポストタイプデバイス

 

2.2設定

設定 あなたができるタブ:

 

構成タブ

 

  • (p)タグを表示します。 エディタのHTMLビューに(p)タグと(br)タグを表示する
  • 色付きのHTMLコード: 投稿およびページのHTMLビューでカラーコードを有効にする
  • 色分けされたコード: テーマとプラグインエディタの色付きコードを有効にする

WP Smart editor設定では、エディタおよびHTMLタグオプションで使用できるカスタムCSSスニペットを定義できます。 カスタムスタイルを使用するには、をクリックしてください。 「設定」 「WP Smart Editor」メニュー そこをクリックしてください 「カスタムスタイル」 タブ。

エディタのプロファイルとカスタムスタイルのエクスポートとインポートは インポート・エクスポート ボタン

新しいスタイルを作成するには、スタイルのリストにある「Add new class」ボタンをクリックしてください。 自分のCSSを自分で編集できるのは、[カスタムCSS]フィールドです。

 

カスタムスタイルエディタ


 
行った変更はすべてページの左側に表示されます。 それらは「例文」で文字列に適用されます。 文字列の上と下のテキストには、他の要素のコンテンツでスタイルがどのように見えるかが表示されます。
カスタムスタイルを編集したら、それを使って保存してください。 「スタイルを保存」ボタン
エディタで要素にスタイルを適用するには、要素を選択してドロップダウンリストからスタイルを選択する必要があります。 「カスタムスタイル」 デフォルトにしてすべてのカスタムスタイルを削除するには、を選択します。 「段落」オプション

 

カスタムCSSスタイル

 

 

III。 編集者専用ツール

3.1列マネージャ

列マネージャを使用してコンテンツ領域を分割できます。
等しい2つ、3つなどの列を作成できます。 同じ列が必要ない場合は、必要に応じてサイズを変更します。 クリック 「列を挿入」 コンテンツに列を追加するボタン。

 

列管理者

 

その後は、この欄に直接入力してください。 それらの幅は不変のままであり、それらの高さはあなたがそれらに挿入する最も高い要素に合うでしょう。

 

3.2ボタンマネージャ

をクリックしてボタンを作成できます 「追加ボタン」 エディタツールパネルのツール。 テキスト、お気に入り、色、ボタンボックス、ボタン表示の3つのタブがあります。 ボタンとテキストをカスタマイズするために使用します。

 

ボタンエディタ


カスタマイズした後は、後で使用するためにボタンを保存できます。 の プラスアイコン ボタンをコンテンツに再度挿入します。 ペンのアイコン ボタンのスタイルを編集します ゴミ箱アイコン 保存したボタンを削除します。

 

ボタンコントロール

 

3.3箇条書きリストマネージャ

箇条書きリストを挿入するには、箇条書きツールのアイコンをクリックしてください。 表示されるページで、ドロップダウンメニュー、設定サイズ、アイコンの色からリストのアイコンを選択し、後で使用できるように箇条書きを保存できます。

 

エディタ - 箇条書きリスト

 

カスタマイズした後は、後で再利用するためにリストを保存できます。 の プラスアイコン 箇条書きリストをコンテンツに再度挿入します。 ペンのアイコン 箇条書きリストのスタイルを編集します。 ゴミ箱アイコン 保存された箇条書きのスタイルを削除します。

 

箇条書きリスト版

 

3.4記事のまとめ

長いWordPressの投稿やページには、ウィキペディアの記事のように自動要約を作成するためのツールが必要です。 要約ツールはあなたの記事のタイトル構造(h1、h2、h3タイトル…)に基づいて自動要約を作成し更新するのを助けます。

 

要約後

 

コンテンツを変更したら、ドロップダウンメニューを使用して概要を更新できます。 要約を更新する

 

3.5検索と置換機能

テキストやコードの一部を検索または置換するには、「検索と置換」機能を使用するのが非常に簡単です。 それを使用するには、エディタツールパネルのSearch / Replaceボタンをクリックしてください。 最初のフィールドにテキストを入力してください。 「検索」をクリックすると、最初のフィールドに入力したテキストの次のコピーが検索されます。 「置換」ボタンをクリックすると、このコピーを2番目のフィールドのテキストに置き換えます。 代わりに[すべて置換]ボタンをクリックすると、最初のフィールドに入力したテキストのすべてのインスタンスが置換されます。

 

検索置換コード

 

3.6ツールチップマネージャ

あなたの投稿にあなたのテキストのためのツールチップを追加することができます。

 

ツールチップ

 

3.7テンプレートマネージャ

後で読み込むために、コンテンツのすべてのレイアウト(HTML構造)を保存できます。 その後、テンプレートを保存またはロードできます。

 

テンプレートマネージャ


IV。 ファイルとテーブルマネージャ

4.1ファイルマネージャ

あなたはボタンをクリックして購入ファイルマネージャを入力することができます 「WP File Download」。 そこでアップロードしたファイルを管理し、作成または編集した記事のコンテンツにそれらを挿入できます。 これを行うには、挿入するファイルをクリックしてからページの右側に設定を設定し、[このファイルを挿入]をクリックします。

 

WPファイルダウンロードライト

 

ファイルを編集するには、ファイルをクリックしてから WP File Downloadボタン サーバーからファイルを削除するには、[Actions]列のゴミ箱アイコンをクリックします。

 

WPファイルエディタ

 

注:ファイルカテゴリ、ファ​​イルアクセス制限、ダウンロード統計などのファイルマネージャのフルバージョンがここにあります。

 

4.2テーブルマネージャ

 

WordPressエディタでテーブルを作成するにはHTML / CSSの知識が必要であり、コンテンツリダクタユーザのためにテーブルを管理することはほとんど不可能です。 WP Smart Editorには強力なWP Table Managerプラグインの軽量バージョンが含まれているので、Excelを使用している場合と同様に、エディタからテーブルを作成、管理、カスタマイズできます。

 

WPテーブルマネージャライト

 

テーブルを作成するには、「New table」というテキストの付いたプラスボタンをクリックする必要があります。 行または列を追加するには、エクセル領域の右下にあるボタンを使用します。

 

列行追加テーブル

 

行または列のいずれかを削除するには、行または列を右クリックしてコンテキストメニューから必要なオプションを選択します。

 

改行

 

すべての変更は私たちのプラグインによって自動的にそしてほとんど瞬時に保存されます。 記事にテーブルを挿入するには、「WP Table Manager」ボタンをクリックし、ページの左側のリストから挿入するテーブルを選択して、ページの右上隅にある「これを挿入」緑色のボタンをクリックします。

注:テーブルマネージャのフルバージョンは、Excelテーブルのインポート/エクスポート、Googleシートの同期、テーブルチャートなどで利用できます。


Wp Smart Editorでハッピー編集!

 

 

WP Meta SEOドキュメント