Speed Cacheのドキュメント

 

前書き

Speed CacheはJoomlaパフォーマンスツール(CacheとGzip)よりも優れたもので、多くの新しいパフォーマンスツール、互換性、機能が備わっています。

 

Speed Cache:Joomlaパフォーマンスチェックダッシュボード

 

主な特徴:

  • 新しい静的キャッシュ
  • フルブラウザキャッシュを有効にする
  • キャッシュ自動生成
  • Joomlaのキャッシュのアクティブ化と期間を確認する
  • Gzip圧縮をチェックする
  • 有効期限ヘッダーの追加
  • Speed cache URLオートインデックスアクティベーション
  • PHPのバージョンを確認する
  • ブラウザキャッシュのアクティブ化
  • キャッシュ消去の自動消去

 

I. SPEED CACHEのインストールと更新

1.1インストール

私たちのコンポーネントはJoomla 3.x互換です。 すべての機能とサードパーティの統合はすべてのメンバーシップに含まれています。
私たちのコンポーネントをインストールするには、拡張子.zipファイルをダウンロードして、標準のJoomlaインストーラを使わなければなりません。

 

joomla-install

それからBrowse> Upload and Installボタンをクリックすると、コンポーネント、モジュール、プラグインがデフォルトで有効になってインストールされます。

 

1.2更新と自動更新

拡張子を更新するには、JoomUnitedからZIPファイルをダウンロードするか、古いバージョンの上に新しいバージョンをインストールします。 自動アップデータを使う (推奨)

 

speedcache更新

 

更新通知をプッシュする自動アップデータは、インストールしたJoomla拡張機能に組み込まれています。 そのため、ダッシュボードの他の拡張子やメニューを使用して通知を受け取ることができます。 「拡張機能」>「管理」>「更新」メニュー

 

アカウントにログインして更新する

JoomUnited Joomla拡張機能をすべて更新するには、JoomUnitedアカウントにログインする必要があります。 ログインアクセスするには、コンポーネントのメイン設定にアクセスしてください。 ライブアップデートタブ。 一番下には、ログインボタンがあります。

 

ライブアップデート

 

あなたのJoomUnited認証情報を入力してください、あなたがここにログインするのに使用するのと同じ@ www.joomunited.com

 

ログイン統合

 

ボタンがオレンジ色に変わります、おめでとうございます。 これで、このWebサイト上のすべてのJoomUnited拡張機能を更新することができます。 会員の有効期限が切れている場合は、更新リンクとそれを説明するテキストが表示されます。

 

アカウントにリンク

注:1回のログインで、JoomUnitedのすべての拡張機能を更新できます(メンバーシップに関して)。 切断しない限り、ログインは期限切れになりません。

 

II。 パフォーマンスダッシュボード

コンポーネントをインストールした後、ダッシュボードはメニューを通してアクセス可能になります コンポーネント> Speed Cache。

 

キャッシュパフォーマンスの修正

 

ダッシュボードはJoomlaのウェブサイトであなたが適用することができるすべてのパフォーマンス問題と機能強化をチェックします。 ブラウザのキャッシュを除くすべてのパラメータは、ボタンを使用してワンクリックで修正できます。 今、直してください。

チェックされたパラメータ:

  • をチェック Joomlaのキャッシュ 活性化と期間:joomlaキャッシュが活性化され、時間が少なくとも30分に設定されているか確認
  • Joomlaをチェックする Gzip圧縮
  • 期限切れヘッダー htaccessファイル内の存在と期間
  • Speed cache URL自動インデックス アクティベーション:Speed Cache設定でURL自動インデックスが有効になっているか確認してください
  • PHPのバージョン PHP7 +が使用されているか確認してください
  • ブラウザキャッシュ アクティベーション:Speed Cacheブラウザのキャッシュがアクティブになっているか確認してください
  • 自動消去キャッシュ アクティベーション:自動キャッシュクリーナーが有効になっているか確認してください

 

注:NGINXのような、または作り付けのCDNを備えたいくつかのサーバーでは、Expire Headersチェックは成功しないかもしれません。 すでに処理されているので、パフォーマンス上問題ありません。

 

III。 キャッシュされたページを管理する

3.1キャッシュシステムにURLを追加する

Speed Cache静的キャッシュとブラウザキャッシュを適用するには、あなたのウェブサイトページ(URL)をSpeed Cacheリストに追加する必要があります。 ダッシュボードからをクリック キャッシュされたURLを管理します。

 

管理キャッシュURL

 

ここから、すでにキャッシュシステムにあるURLリストが表示されます。

 

URLキャッシュリスト

 

キャッシュにURLを追加するには、3つの解決策があります。

  • ボタンを使う メニューからURLをインポート
  • クリックしてください 新しく追加する ボタン追加カスタムURLの貼り付け
  • つかいます いくつかの規則 一連のURLを含める

 

ボタン メニューからURLをインポート ライトボックスが開き、そこから1つまたは複数のJoomlaメニューをインポートできます。

 

キャッシュURL選択

 

設定から、キャッシュされたURLリストに新しいメニュー要素を自動的に追加するオプションを有効にすることもできます。 その場合、デフォルトの設定値が適用されます。

 

menu-cache-auto

 

カスタムURLをキャッシュに追加するには、 新しく追加する ボタン。

 

キャッシュURL

 

最後に、ボタンの状態をクリックしてURL(ページ)を「公開」(キャッシュに追加)します。 ページをキャッシュに追加すると、そのページに対する静的キャッシュとブラウザキャッシュがアクティブになります。

注:コントロールバーでは、一括ドロップダウンリストを使用してワンクリックで要素の状態を変更できます。

包含ルールは、キャッシュシステムに一連のURLを追加するのに役立ちます。 たとえば、URLが/ newsで始まるすべてのニュースセクションをSpeed Cacheシステムに配置する場合は、次のルールを追加できます。

 

add-cache-rule

 

URL包含ルールを使用すると、URLに星印を使用することができるので、1回のリクエストで数千ものURLをキャッシュに入れることができます。 これは便利な使い方の例です。

  • 接頭辞に基づいてすべてのURLを含めるルールを追加します(このプレフィックスURLを含む)。www.domain.com/news*
  • プレフィックスに基づいてすべてのURLを含めるルールを追加します(このプレフィックスのURLを除く)。www.domain.com/news/*
  • キャッシュからURLの一部を含める:www.domain.com/news/*/themes

3.2キャッシュからURLを除外する

キャッシュからのURLの除外も同じように機能します。URLを1つずつ除外することも、ルールを使用して除外することもできます。 URLを除外するにはタブを開きます URL除外をキャッシュしてから新規作成します。

 

キャッシュURL

 

URL除外ルールを使用すると、URLに星印を使用できるため、1回のリクエストで数千のURLをキャッシュから除外できます。 これは便利な使い方の例です。

  • プレフィックスに基づいてすべてのURLを除外するルールを追加します(このプレフィックスURLを含む)。www.domain.com/news*
  • プレフィックスに基づいてすべてのURLを除外するという規則を追加します(このプレフィックスのURLを除く)。www.domain.com/news/*
  • URLの一部をキャッシュから除外する:www.domain.com/news/*/themes

3.3ページ別キャッシュとユーザーステータス

お気づきのとおり、URLリストで、ゲストユーザーまたはログインユーザー、あるいはその両方に対してキャッシュをアクティブにできます。 実際、Speed cacheはログインしているユーザーでも、したがってすべての動的コンテンツでもキャッシュを処理できます。

これはJoomla - Pageキャッシュプラグインでは扱えないことです。

ログインユーザーのキャッシュを有効にするには、設定からJoomlaユーザーごとにキャッシュファイルを有効にする必要があります。

 

キャッシュログジョムラ

 

ページごとにログインユーザーのキャッシュを有効にできるという事実は非常に柔軟であり、すべてのダイナミクスコンテンツのユーザーアカウントでフロントエンドでテストを実行することをお勧めします。

3.4すべてのJoomlaキャッシュをきれいにする

ページがキャッシュに追加されると、Joomlaはいくつかのキャッシュファイルを作成し、Speed Cacheは静的キャッシュ(HTMLファイル)を生成し、ファイルはユーザーのブラウザに保存されます(ブラウザキャッシュ)。

Speed Cacheキャッシュクリーニングはワンクリックでそれらすべてのファイルとキャッシュを削除することができます、あなたは別々にJoomlaキャッシュをきれいにする必要はありません。

 

キャッシュオールクリア

 

この設定では、パラメータを有効にしてアクション時のキャッシュをすべて自動的に消去することもできます。 実際、コンテンツを保存するようなバックエンド/フロントエンドのアクションでは、すべてのキャッシュをきれいにすることができます。

さらに、あなたはクリックですべてのキャッシュをきれいにするためにJoomla管理の至る所で利用可能なボタンを得ました。

 

キャッシュ消去ボタン

 

IV。 リソースの縮小

最小化とは、ブラウザによるリソースの処理方法に影響を与えずに、不要なデータや冗長なデータを削除するプロセスのことです。

ダッシュボードからをクリック グループ化して縮小し、次に[スキャン]ボタンをクリックしてWebサイトファイルを一覧表示します。

 

縮小ファイルキャッシュ

 

あなたはワンクリックですべてのあなたのJS、CSSとフォントファイルをグループ化することができます。 グループファイル機能には、

  • すべてのJSファイルをグループ化する
  • すべてのCSSファイルをグループ化する
  • グループフォント

 

グループファイル

 

デフォルトでは、リストされているファイルはテンプレートに含まれているCSS、JSおよびフォント、そしてメディアからのものです。 フロントエンドにロードされているすべてのファイルを(すべてのページで)縮小したい場合は、ファイルをリストして設定を開くことをお勧めします。

 

縮小リスト

 

ここから、CSS、JS、Fontsが置かれているサーバーフォルダを選択することができます。例えばmedia / com_hikashopです。 それからちょうど小さい緑のスイッチャーを押すか、または 状態を切り替える ボタン。

 

複数起動選択

 

V. CDNの統合

CDN(Content Delivery Network)の使用は、特に国際的な視聴者がいる場合に効率的であることが証明されています。 それは世界中の地元の情報源からウェブサイトのメディアを提供するのを助けます。 CDNの統合は、Cloudflare、Amazon Cloudfront、MaxCDN、KeyCDNなどの市場のすべての主要CDNと利用できます。

アクセスするには、単にクリックしてください CDN ダッシュボードから。 それからあなたはそこにあなたの情報を追加することができます。

 

cdn-sc

VI。 SPEED CACHE設定

6.1一般パラメータ

Speed cacheからいくつかの設定にアクセスできるようになりました ダッシュボード>設定リンク

 

parameters1

 

  • キャッシュの有効期間 キャッシュの寿命を分単位で指定します。 この遅延の後、キャッシュは自動的にクリアされてから再生成されます。
  • ブラウザのキャッシュを使う: ブラウザを使用してページコンテンツをキャッシュします。 画像のような重いページのコンテンツをハードドライブにキャッシュして、ページ速度を大幅に向上させます。 それはまたきれいにすることができます
  • ユーザーごとのキャッシュファイル あなたのウェブサイトがログインを要求するならば活性化されるために、キャッシュファイルは各ユーザーのために作成されます。 ログインしているユーザーにのみ適用し、usernameのような動的要素をキャッシュから除外することを許可します
動的コンテンツまたはユーザーセッション(ログイン)でキャッシュをアクティブにする予定があるたびに、ユーザーごとのキャッシュファイルをアクティブにする必要があります。
  • 管理者アクションのキャッシュをクリアします。 Joomlaの管理上の特定のアクションでキャッシュが削除されます:コンテンツの保存、適用、公開、公開解除、またはゴミ箱
  • フロントアクションでキャッシュをクリアします。 Joomlaフロントエンドでの特定の操作でキャッシュが削除されます:コンテンツを保存、適用、公開、公開解除、またはゴミ箱に入れる
  • Joomlaのキャッシュもクリアする: SpeedCacheキャッシュに加えて、Joomlaキャッシュもクリアされます

 

6.2自動キャッシュプリロード

最新のパラメーターは自動キャッシュ再生成に関するものです。 クリアされた後、キャッシュはURLリストに基づいて自動的にプリロードされます(動作するにはcURL拡張子が必要です。通常はインストールされています)。

 

parametter3

 

  • キャッシュプリロードのトークン キャッシュ事前ロード用のトークンは、キャッシュを再生成する要求を認証するために使用されます。 定期的にリロードするためにcrontabと一緒に使用できるURLもあります。
  • キャッシュをクリアした後にプリロードします。 クリアされた後、キャッシュはURLリストに基づいて自動的にプリロードされます(動作するにはcURL拡張子が必要です。通常はインストールされています)。
  • Cache-Providerヘッダを追加します。 応答がSpeed Cacheによって提供されるときに応答します。 デバッグ目的に使用できます。
  • キャッシュする自動メニュー: キャッシュされたページリストに新しいメニューを自動的に追加します。
  • デスクトップ用キャッシュ: すべてのデバイスでデスクトップ用のキャッシュを提供する:間違ったキャッシュバージョンが提供されない限り推奨
  • タブレット用キャッシュ: タブレット用のキャッシュを提供する:キャッシュのバージョンが間違っている場合にのみ推奨します
  • モバイル用キャッシュ: モバイル用のキャッシュを提供する:キャッシュのバージョンが間違っている場合にのみ推奨します
  • 外部スクリプトをキャッシュします。 Googleから提供されたスクリプトなどの外部リソースをキャッシュします。 警告:アクティブ化の前後に必ずパフォーマンスを監視してください。場合によっては、アクティブ化時にパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • Ajaxによるロードモジュール すべてのモジュールにAJAXの読み込みを有効にするオプション(asynchrone)を追加し、モジュールごとに設定します。

「Ajaxによるロードモジュール」が有効になっているときは、次の場所にパラメータが表示されます。 「モジュール」>「詳細設定」タブ

 

ajax-loading-module

 

  • SpeedCache AJAXの読み込み: このモジュールのキャッシュ問題を回避するためにAJAX(asynchrone)でモジュールのロードを有効にします
  • AJAXオートリフレッシュ: このモジュールのキャッシュ問題を回避するための自動モジュールAJAXリフレッシュ期間
  • AJAX更新間隔: このモジュールのAJAX更新間隔を選択してください(分)

 

6.3 Lazy loading

アクセスするために Lazy loadingに行ってください ダッシュボード>設定 リンク。 この機能は、ユーザーがページを下にスクロールしたときにプログレッシブ画像を読み込むのに役立ちます。たくさんの画像が入っている長いページがある場合に役立ちます。 まず、このパラメータを有効にすると、以下の設定が表示されます。

 

遅延読み込みタブ

 

  • (幅px)未満の画像を除外: この幅より小さいピクセル値を持つすべてのイメージをイメージlazy loadingから除外します。 小さいアイコンやロゴを除外するのに便利
  • (高さpx)未満の画像を除外: ピクセル値でこの高さより小さいすべての画像を画像lazy loadingから除外します。 小さいアイコンやロゴを除外するのに便利
  • Lazy loading URLのインクルード: 画像lazy loadingのURLのみを含めます。 次のような規則を使用して一連のURLを含めることもできます。www.website.com/news*
  • Lazy loadingのURLの除外: 画像lazy loadingからURLを除外します。 次のような規則を使用して、一連のURLを除外することもできます。www.website.com/news*

 

6.4縮小とグループ化

アクセスするために 縮小してグループ化に行く ダッシュボード>設定 リンク。 ここでは、グループCSS、JS、フォント、およびGoogleフォントを有効にしたり、一部のJSおよびCSSファイルを除外したりできます。

 

縮小グループタブ

 

  • フォルダを含める: ファイルを縮小するためのフォルダを含める
  • グループCSS: 複数のCSSファイルを1つのファイルにまとめると、HTTPリクエスト数が最小限になります。 注意して使用してWebサイトをテストすると、競合が発生する可能性があります。
  • グループJS注:複数のJavascriptファイルを1つのファイルにまとめると、HTTPリクエスト数が最小限に抑えられます。 注意して使用してWebサイトをテストすると、競合が発生する可能性があります。
  • グループフォントとGoogleフォント ローカルフォントとGoogleフォントを1つのファイルにまとめてすばやく配信できます。
  • CSSを延期する: ページ読み込みの最後にCSSファイルを呼び出して、レンダリングブロック要素を排除します。
  • JSを延期する: ページロードの最後にJSファイルを呼び出して、レンダリングブロック要素を排除します。
  • ファイルの除外 競合やエラーを避けるために、ファイルをグループプロセスから除外することができます。 例のように相対パスのみです。

 

6.5デフォルト値

デフォルト値にアクセスするには、にアクセスしてください。 ダッシュボード>設定 リンク。 これらは、Speed Cacheシステムに追加されたときに新しいURLに適用されるデフォルト値です。

 

デフォルト値タブ

 

  • ゲスト用キャッシング: ゲストユーザのためにこのURLをキャッシュする
  • 一般向けのプリロード: 一般ユーザー向けにこのURLをプリロードする
  • ログインキャッシュ ログインユーザーのためにこのURLをキャッシュする
  • ログインのためのプリロード: ログインユーザー用にこのURLをプリロードします
  • ユーザーごとのプリロード: ユーザーごとにこのURLをプリロードする
  • 公開用キャッシュを除外する 公開ユーザーのキャッシュからURLを除外する
  • ログイン用のキャッシュを除外する: ログインユーザーのURLをキャッシュから除外する

 

6.6 CDN

 

CDNにアクセスするには、にアクセスしてください。 ダッシュボード>設定 リンク。 それからCDNを有効にして、ここにあなたのCDN情報を記入してください。

 

CDNタブ

 

  • CDNのURL: 末尾にスラッシュを付けずにCDN URLを追加します(最後に)
  • CDNコンテンツ: あなたのJoomlaコンテンツはCDNリソースを通して提供され、コンマで区切られています
  • コンテンツを除外する CDNネットワークからファイルの種類やディレクトリを除外する
  • 相対パス デフォルトで有効、相対パスリソースのCDNを有効/無効にします。 特定のJoomlaプラグインとの互換性のために使用されています。

6.7 ImageRecycleの統合

ImageRecycleは、サードパーティの画像圧縮サービスです。 https://www.imagerecycle.com/

Speed Cache構成にサービスを追加しました。パフォーマンスの大幅な向上だと考えていますが、使用することは必須ではありません。 私達のメンバーは設定ページからすべてのメンバーシップで20%オフのクーポンを得ることができます。

 

ir-speed-cache

 

インストールした後、あなたはで画像とpdfファイルを圧縮することができます コンポーネント>画像のリサイクル.

 

手動最適化

 

より多くの情報のためにあなたはここに行くことができます: https://www.imagerecycle.com/cms/joomla

 

6.8インポート/エクスポート

インポート/エクスポートにアクセスするには、にアクセスしてください。 ダッシュボード>設定 リンク。 これで、インポート/エクスポート設定を見ることができます。

 

インポート・エクスポート

 

Webサイトの最適化には時間がかかり、すべての拡張機能設定を取り戻すためにファイルをインポートする方が高速です。 ここから、jsonファイルをインポートまたはエクスポートできます。

 

エクスポートインポートボタン