DropEditorのドキュメント

前書き

DropEditorはJoomla用のフリーテキストエディタです。 あなたが臨時または通常のコンテンツリダクターであるかどうかにかかわらず、DropEditorはあなたにユニークな作り付けの機能で多くの時間を節約するでしょう。

 

I. DROPEDITORのインストール

1.1インストール

私たちのコンポーネントはJoomla 3.x互換です。 すべての機能とサードパーティの統合はすべてのメンバーシップに含まれています。
私たちのコンポーネントをインストールするには、拡張子.zipファイルをダウンロードして、標準のJoomlaインストーラを使わなければなりません。

 

joomla-install

 

それからBrowse> Upload and Installボタンをクリックすると、コンポーネント、モジュール、プラグインがデフォルトで有効になってインストールされます。

1.2更新と自動更新

拡張子を更新するには、JoomUnitedからZIPファイルをダウンロードするか、古いバージョンの上に新しいバージョンをインストールします。 自動アップデータを使う (推奨)

 

dropeditor更新

 

更新通知をプッシュする自動アップデータは、インストールしたJoomla拡張機能に組み込まれています。 そのため、ダッシュボードの他の拡張子やメニューを使用して通知を受け取ることができます。 「拡張機能」>「管理」>「更新」メニュー

アカウントにログインして更新する

JoomUnited Joomla拡張機能をすべて更新するには、JoomUnitedアカウントにログインする必要があります。 ログインアクセスするには、コンポーネントのメイン設定にアクセスしてください。 ライブアップデートタブ。 一番下には、ログインボタンがあります。

 

ライブアップデート

 

あなたのJoomUnited認証情報を入力してください、あなたがここにログインするのに使用するのと同じ@ www.joomunited.com

 

ログイン統合

 

ボタンがオレンジ色に変わります、おめでとうございます。 これで、このWebサイト上のすべてのJoomUnited拡張機能を更新することができます。 会員の有効期限が切れている場合は、更新リンクとそれを説明するテキストが表示されます。

 

アカウントにリンク

注:1回のログインで、JoomUnitedのすべての拡張機能を更新できます(メンバーシップに関して)。 切断しない限り、ログインは期限切れになりません。

1.3エディタを起動する

DropEditorを使用するには、Joomlaでデフォルトとして設定する必要があります。 グローバル設定>サイトタブで、DropEditorをデフォルトとして設定

 

II。 共通の機能

2.1クラシック版ツール

DropEditorの主なアイデアはあなたに最大の時間を節約するために版の定期的な仕事のための高度なツールをもたらすことです。
DropEditorのデフォルト設定は非常に簡単です、あなたは3行のツールを持っています、最初の行はイメージ、ファイルを管理するために捧げられます、そしてテーブルマネージャーがインストールされるならば、テーブル(Droptables)。

 

 

他の2行は、レイアウトとコンテンツ管理専用です。

 

 

この2行目のツールの最初のセットは順番に並んでいます。

  • 全画面モードでエディタを設定し、戻る、エスケープをクリック、またはボタンをクリックして戻る
  • コンテンツが保存されると、データベースに送信されているためこれらのツールは無効になります。
  • テキストを位置合わせして正当化する
  • 箇条書きリスト:詳細に説明する高度なツール
  • 太字、斜体、下線:テキストを選択して新しい書式を適用する
  • プレビュー付きの特殊文字

 

 

最新のツール(列、ボタン、要約、およびテンプレート、ソース、スタイル、フォーマット、リンク)は高度であり、詳細については後述します。

III。 高度な編集ツール

3.1箇条書き


箇条書きリストは単なる基本的なリストではありません。独自の箇条書きリストスタイルを作成し、保存して後で再利用することができます。 通常、スタイルはテンプレートで定義されており、Webサイト全体で再利用する必要があります。

 

ボタンをクリックするとダイアログボックスが開きます。

 

 

左側にあなたの弾丸リストのアイコンとスタイルを設定することができます、プレビューは右側の部分で利用可能です。

あなたのコンテンツに直接あなたのリストを挿入するならば インサート 保存せずにボタンを押すと、スタイルが「失われ」ます(保存されません)。

 

 

保存ボタン 箇条書きリストはデータベースに保存され、後で編集できます。 箇条書きを編集するには、ライトボックス内のペンをクリックするというオプションがあります。 プラスボタンはリストを挿入し、ゴミ箱はそれを削除します。

 

 

コンテンツを右クリックすることもできます。

 

 

3.2列マネージャ

列マネージャは、コンテンツに列レイアウトを作成するためのツールです。 ボタンをクリックすると、コラムレイアウトをすばやく選択できるメニューが表示されます。

  • 2列
  • 3列
  • 4列
  • 1/4 - 3/4レイアウト
  • 3/4〜1/4レイアウト

 

 

記事に3列レイアウトのクイックリンクを挿入する例を示します。

 

 

あなたの列のためにカスタムレイアウトを定義することも可能です。 カスタムボタン

 

 

ドラッグアンドドロップを使用して列を作成または削除できます。 その後、各列にカスタムサイズを設定できます。 最後にクリックしてください 挿入ボタン あなたの記事にあなたのレイアウトを追加する。

緑色のメニューリストは、レイアウトをリセットして事前定義済みのものを適用するためのものです。

 

 

これらの列をあなたの記事に挿入した後、それらを右クリックして編集することができます。 列を更新 ボタン。 その後、列幅を変更できます。

 

編集列

 

定義済みのスタイルを適用すると、現在のレイアウトがすべて消去されます。 レイアウトを保存するには、「テンプレート」ツールを使用します(3.5章を参照)。

3.3ボタンエディタ

ボタンマネージャを使用すると、独自のボタンスタイルを作成して保存し、後で再利用できます。 通常ボタンはあなたのテンプレートで定義されていて、あなたのウェブサイト中で再利用されるべきです。

 

ボタンエディタは、箇条書きリストのインタフェースと非常によく似ています。左側のウィンドウツールを使ってスタイルを作成することができます。 挿入/保存/編集してください。

 

 

背景、境界線のスタイル、マウスホバー効果を定義するオプションがあります。 ボタンをコンテンツに挿入するには、挿入ボタンまたは保存されたボタンの+記号をクリックするオプションがあります。

 

 

ペンをクリックしてパラメータを変更するか、エディタを右クリックするだけで、既存のスタイルを編集して保存することもできます。

 

 

最後に、ボタンのカスタムリンクを定義したり、メニューや記事へのクイックリンクを作成したりできます。

 

 

3.4記事のまとめ

要約ツールは、コンテンツのタイトルに基づいて、すべてのコンテンツの自動要約を生成できます。 要約を自動的に更新することもできます。

 


それを使用するには、あなたの記事にタイトルを追加してから、要約ツールをクリックしてください。

 

 

要約があなたのコンテンツにアンカー付きで追加されます。 右クリックで更新して再生成することもできます。

 

 

要約はアンカーリンク付きの単なるテキストであり、必要に応じて編集できます。

3.5テンプレートツール

テンプレートツールを使用すると、後で読み込むために、コンテンツのすべてのレイアウト(HTML構造)を保存できます。

 

ボタンをクリックして 保存/読み込み レイアウト

 

 

テンプレート名を定義して保存することができます。 テンプレートをロードするには、一番下のゾーンで彼の名前をクリックしてください。

リンクマネージャはJoomlaのコンテンツ、記事、メニューへのクイックリンクを作ることを可能にするインターフェースで利用可能です


ダイアログボックスでは、カスタムURLへのリンクを作成するか、Joomlaコンテンツを読み込むかを選択できます。 コンテンツを選択するだけで、URLが生成され、[挿入]ボタンをクリックします。

 

 

3.7アンカーツール

特定の時点でページを読み込むための簡単なアンカーツールも利用できます。

 

アンカー名を追加してから検証できます

 

 

アンカーがあなたのコンテンツに追加されます。

 


次に、このアンカーへのリンクを作成するには、テキストを選択し、アンカーツールボタンをクリックして、以前に作成したアンカーを選択します。

 

 

3.8 Googleフォント

まず、有効にする必要があります Googleフォント パラメータ入力 エディタツール タブ。 次にクリック Googleフォントを見る ボタンをクリックすると、選択したフォントがエディタに表示されます。

 

 

最後に、エディタツールにフォントが表示されます。

 

 

3.9メディアを挿入する

insert-media-btnあなたはあなたのサーバーまたはYouTubeのVimeoからメディアファイルを挿入することができます。 まず、をクリックします メディアを挿入 エディタツールのボタンをクリックします。

その後、ポップアップウィンドウが表示されたら、YoutubeまたはVimeoタブにリンクを追加できます。 次にクリック インサート ボタン。

 

挿入ユーチューブ

 

さらに、あなたはあなたのサーバーからビデオまたはサウンドタブでビデオまたはサウンドファイルを選ぶことができます。

 

動画を挿入

 

3.10改行不可スペース

アイコンをクリックしても分割できないスペースを挿入できます NBSPボタン編集ツール

 

 

IV。 画像、ファイル、テーブルマネージャ

4.1 Droppics画像マネージャ

Droppicsは、画像とギャラリーの管理に使用されるJoomlaのコンポーネントです。 https://www.joomunited.com/products/droppics

 

あなたがフルバージョンを購入する場合のために、拡張機能のライトバージョンはエディタに統合されています、ツールはギャラリー管理、テーマでアップグレードされます...

 

 

Droppics拡張子は画像のアップロードと挿入を容易にします。 単一または複数の画像をアップロードするには選択ボタンをクリックしてください。 アップロードした画像をクリックしてオプションを編集し、緑色のボタンをクリックしてその画像をコンテンツに挿入します

 

 

あなたはサムネイルまたは写真の元のサイズを加えることを選ぶことができます。

カスタムURL、メニュー、または記事へのクイックリンクを作成するためのリンクマネージャもあります。

 


サムネイルとしてコンテンツに追加された画像:

 

 

Droppicsには既存の画像をインポートするための画像インポーターがありますが、それをDroppicsコンポーネントパラメーターから有効にすることができます。

 

 

サーバーフォルダを選択してからインポートボタンをクリックします。

4.2 Dropfilesファイルマネージャ

Dropfilesは、ファイルを管理し、それらを分類するために使用されるJoomlaのコンポーネントです。
https://www.joomunited.com/products/dropfiles

 

あなたがフルバージョンを購入する場合のために、ツールのファイルカテゴリ管理、テーマがアップグレードされるでしょう、拡張子のライトバージョンはエディタに統合されています...

 

 

Dropfilesライトボックスでは、ファイルをアップロードしたり、ファイルのタイトルや説明を編集したり、エディタにファイルを挿入したりできます。

 

 

フロントエンドでコンテンツにファイルします。

 

 

4.3 Droptables - テーブルマネージャ

Droptablesは、エディタのスプレッドシートインタフェースを使用するJoomlaテーブルマネージャです。 https://www.joomunited.com/products/droptables
あなたがバージョンを購入するならば、ツールはあなたのエディタで利用可能になるでしょう。

プレビュー:

 

 

V.内容とスタイル

5.1タイトル

エディタのタイトルツールは、すべてのタイトルレベルを定義したり、通常の段落に戻ったりするためのものです。

 

 

さらに、エディタ設定では、より多くのレベルを定義したりスタイルを上書きしたりするための追加のオプションがあります。 設定にアクセスするには コンポーネント> DropEditor>カスタムスタイル

 

 

左側では、6レベルまでのタイトルをアクティブにすることができます。

 

 

中央部分では、タイトルの名前を設定したり、カスタムスタイルを定義したりできます。 それらのタイトルスタイルはあなたのタイトルスタイルを上書きします。

 

 

5.2カスタムスタイル

スタイルドロップダウンリストで、ユーザーにロードされるいくつかのカスタムスタイルを定義できます。

 

 

一部のスタイルはすでに作成されているので、それらを編集したり、スタイルやクラスの名前を変更したり、独自のスタイルを作成したりできます。 すべてのスタイルは専用の.cssファイルに保存されています。

 

 

スタイルの名前がリストに表示されます。

5.3ソースコード

ソースコード編集ツールが利用可能です。

 

 

あなたはあなたの記事のHTMLにアクセスすることができます、ソースコードは色付きの構文表示を使用します。

VI。 編集者プロフィール

6.1プロファイルの有効化

DropEditorを使用すると、専用のJoomlaユーザーグループに適用されるエディションプロファイルを定義できます。 設定にアクセスするには コンポーネント> DropEditor>プロファイル

 

 

メインタブでは、Joomlaフロントエンドで使用されているグループなど、特定のJoomlaユーザーグループでプロファイルを利用できるようにすることができます。

 

 

エディタの使用を特定のJoomlaコンポーネントに制限することもできます。

6.2プロファイルツール

各プロファイルには独自のツールがあります。 ドラッグアンドドロップを使用してプロファイルからツールを有効化/削除します。

 

 

6.3利用可能な他のツール

いくつかのツールも利用可能で、デフォルトでは有効になっていません。

検索して置き換えます。 検索を行い、エディタのコンテンツ内の1つまたはすべての要素を置き換えます。

 

 

このツールはソースコードモードでも利用可能です。

 

 

スペルチェッカー

 


スタイルツールを削除:すべてのCSSインラインスタイルを消す

 

それなら、

  • コピー/貼り付け/切り取り
  • テキストまたはWordから貼り付け:エディタ内にコンテンツを貼り付けたときにスタイルを削除する自動ツールがあります。
  • すべてのコンテンツを選択
  • プレビュー:Joomlaのコンテンツプレビューで新しいタブを開く
  • 印刷コンテンツ
  • ラインスルー
  • 下付き/上付き
  • スマイリー
  • 改ページ
  • 順序付きリスト
  • インデント/アウトデント
  • 見積もり
  • HTMLテーブル
  • 横線
  • テキストの色
  • 背景色

6.4インポート - スタイル/プロファイルのエクスポート

をクリックして、カスタムスタイルまたはエディタプロファイルをインポート/エクスポートすることもできます。 インポート・エクスポート DropEditorプロファイルの右上にあるボタン。

 

輸出スタイル

 

ポップアップウィンドウが表示されたら、ファイルを選択してから[インポートの実行]を選択するか、[カスタムスタイル]または[エディタプロファイル]のエクスポートを選択します。


DropEditorでハッピー編集!

すぐに、DROPEDITOR4RD周年記念スーパーセール!
Dropfiles、Droppics、Droptablesおよびバンドルが25%オフ-8月14日から8月21日
クーポン:DROP4TH

DropEditor Anniv NL

4年前、JoomlaフリーテキストエディタDropEditorをリリースしました。
なんと成功、14000人のユーザー、後でこれを共有したいと思います