Joomla拡張機能に関するFAQ

  • Speed Cacheインストール

    1.インストール

    私たちのコンポーネントはJoomla 3 .x互換です。 すべての機能とサードパーティの統合は、すべてのメンバーシップに含まれています。
    コンポーネントをインストールするには、拡張子.zipファイルをダウンロードし、標準のJoomlaインストーラーを使用する必要があります。

     

    joomla-installjoomla-install

     

    次に、[参照]> [アップロードとインストール]ボタンをクリックすると、コンポーネント、モジュール、プラグインがインストールされ、デフォルトでアクティブになります。

    2 。 アップデート&自動アップデーター

    拡張機能を更新するには、JoomUnitedからZIPファイルをダウンロードして、古いバージョンの上に新しいバージョンをインストールするか、 自動アップデーターを使用する (推奨)。

     

    speedcache -update

     

    更新通知をプッシュする自動アップデーターは、インストールしたJoomla拡張機能に埋め込まれています。 そのため、ダッシュボードやメニューを使用して、他の拡張機能と同様に通知されます。 拡張>管理>更新メニュー。

    アカウントにログインして更新してください

    JoomUnited Joomla拡張機能をすべて更新するには、JoomUnitedアカウントにログインする必要があります。 ログインしてコンポーネントのメイン構成にアクセスするには、 ライブ更新タブ。 下部に、ログインボタンがあります。

     

    ライブアップデートライブアップデート

     

    JoomUnitedの認証情報を入力します。ここでログインするときと同じです。www.joomunited.com

     

    login-joomunitedlogin-joomunited

     

    ボタンがオレンジ色に変わります、おめでとうございます! このWebサイト上のすべてのJoomUnited拡張機能を更新できます! メンバーシップの有効期限が切れると、更新リンクとそれを説明するテキストが表示されます。

     

    アカウントにリンクアカウントにリンク

     

    注:1回のログインで、すべてのJoomUnited拡張機能を更新できます(メンバーシップに関して)。 切断しない限り、ログインは期限切れになりません。

     

  • Speed Cacheパフォーマンスダッシュボード

     

    コンポーネントをインストールすると、メニューからダッシュボードにアクセスできるようになります コンポーネント> Speed Cache

     

    修正キャッシュパフォーマンス

     

    ダッシュボードは、Joomla Webサイトに適用できるすべてのパフォーマンスの問題と拡張機能をチェックします。 ブラウザキャッシュを除くすべてのパラメータは、ボタンを使用してワンクリックで修正できます 今、直してください。

    チェックされるパラメータ:

    • 確認する Joomlaキャッシュ アクティベーションと期間:joomlaキャッシュがアクティベートされており、時間が30以上に設定されているかどうかを確認します
    • Joomlaをチェックする Gzip圧縮
    • ヘッダーを期限切れにする htaccessファイルの存在と期間
    • Speed cache URL自動インデックス アクティベーション: Speed Cache構成でURL自動インデックスがアクティブになっているかどうかを確認
    • PHPバージョン: PHP7 +が使用されているかどうかを確認します
    • ブラウザのキャッシュ アクティベーション: Speed Cacheブラウザーキャッシュがアクティベートされているかどうかを確認します
    • キャッシュを自動消去 アクティベーション:自動キャッシュクリーナーが有効かどうかを確認

     

    注:NGINXなどの一部のサーバーまたは組み込みのCDNでは、ヘッダーの期限切れチェックが成功しない場合があります。 すでに処理されているため、パフォーマンスには問題ありません。

     

  • Speed Cacheキャッシュされたページ

    1.キャッシュシステムにURLを追加する

    Speed Cache静的キャッシュとブラウザキャッシュを適用するには、Webサイトのページ(URL)をSpeed Cacheリストに追加する必要があります。 ダッシュボードからクリック キャッシュされたURLを管理します。

     

    管理キャッシュURL

     

    ここから、キャッシュシステムに既にあるURLリストが表示されます。

     

    url-cached-list

     

    キャッシュにURLを追加するには、 3つの解決策があります。

    • ボタンを使用 メニューからURLをインポート
    • クリックしてください 新しく追加する ボタン追加カスタムURLを貼り付け
    • 使用する いくつかのルール 一連のURLを含める

     

    ボタン メニューからURLをインポート ライトボックスが開き、そこから1つまたは複数のJoomlaメニューをインポートできます。

     

    cache-url-selection

     

    設定から、キャッシュされたURLリストに新しいメニュー要素を自動的に追加するオプションを有効にすることもできます。 この場合、デフォルトの構成値が適用されます。

     

    メニューキャッシュ自動

     

    キャッシュにカスタムURLを追加するには、 新しく追加する ボタン。

     

    キャッシュURL

     

    最後に、ボタンの状態をクリックして、URL(ページ)を「公開」(キャッシュに追加)します。 キャッシュにページを追加すると、ページに対して静的キャッシュとブラウザキャッシュがアクティブになります。

    注:コントロールバーで、一括ドロップダウンリストを使用して、ワンクリックで要素の状態を変更できます

    包含ルールは、キャッシュシステムに一連のURLを追加するのに役立ちます。 たとえば、URLが/ newsで始まるすべてのニュースセクションをSpeed Cacheシステムに配置する場合は、次のルールを追加できます。

     

    add-cache-rule

     

    URL包含ルールは、URLにスターを使用する可能性を提供するため、1回のリクエストで数千のURLをキャッシュに入れることができます。 ここにいくつかの有用な使用例があります

    • プレフィックス(このプレフィックス付きURLを含む)に基づいてすべてのURLを含めるルールを追加します:www.domain.com/news*
    • プレフィックス(このプレフィックス付きURLを除く)に基づいてすべてのURLを含めるルールを追加します:www.domain.com/news/*
    • キャッシュからのURLの一部を含める:www.domain.com/news/*/themes

    2 。 キャッシュからURLを除外する

    キャッシュからのURLの除外は同じように機能します。URLを1つずつ除外するか、ルールを使用して除外できます。 URLを除外するには、タブを開きます URL除外をキャッシュしてから新規作成します。

     

    キャッシュURL

     

    URL除外ルールでは、URLにスターを使用する可能性があるため、1回のリクエストで数千のURLをキャッシュから除外できます。 ここにいくつかの有用な使用例があります

    • プレフィックス(このプレフィックス付きURLを含む)に基づいてすべてのURLを除外するルールを追加します:www.domain.com/news*
    • プレフィックス(このプレフィックス付きURLを除く)に基づいてすべてのURLを除外するルールを追加します:www.domain.com/news/*
    • キャッシュからURLの一部を除外:www.domain.com/news/*/themes

    2 。 ページおよびユーザーステータスごとのキャッシュ

    お気づきのとおり、URLリストでは、ゲストユーザーやログインユーザーのキャッシュをアクティブ化できます。 実際、 Speed cacheは、ログインしているユーザー、したがってすべての動的コンテンツに対してもキャッシュを処理できます。

    これは、Joomla-ページキャッシュプラグインでは処理できないものです。

    ログインしているユーザーのキャッシュをアクティブ化するには、設定からJoomlaユーザーごとにキャッシュファイルをアクティブ化する必要があります。

     

    cache-logged-joomla

     

    ログインしたユーザーのページごとにキャッシュをアクティブ化できるという事実は非常に柔軟性があり、すべてのダイナミクスコンテンツのユーザーアカウントを使用してフロントエンドでテストを実行することをお勧めします。

    2 。 すべてのJoomlaキャッシュを消去します

    ページがキャッシュに追加されると、Joomlaはいくつかのキャッシュファイルを作成し、 Speed Cacheは静的キャッシュ(HTMLファイル)を生成し、ファイルはユーザーブラウザ(ブラウザキャッシュ)に保存されます。

    Speed Cacheキャッシュクリーニングでは、これらのすべてのファイルとキャッシュをワンクリックで削除できます。Joomlaキャッシュを個別にクリーニングする必要はありません。

     

    キャッシュオールクリア

     

    設定では、パラメーターをアクティブにして、アクションのすべてのキャッシュを自動的に消去することもできます。 実際、コンテンツの保存などのバックエンド/フロントエンドアクションでは、すべてのキャッシュを消去できます。

    さらに、クリック1つですべてのキャッシュをクリーンアップするためのボタンがJoomla管理全体で利用できるようになりました。

     

    キャッシュ消去ボタン

     

  • Speed Cacheリソースの最小化

     

    縮小とは、ブラウザーによるリソースの処理方法に影響を与えることなく、不要なデータや冗長なデータを削除するプロセスを指します。たとえば、コードのコメントとフォーマット、未使用のコードの削除、短い変数名と関数名の使用などです。

    ダッシュボードからクリック グループ化して縮小し、[スキャン]ボタンをクリックしてWebサイトファイルを一覧表示します。

     

    縮小ファイルキャッシュ

     

    すべてのJS、CSS、フォントファイルをワンクリックでグループ化できます。 グループファイル機能には、

    • すべてのJSファイルをグループ化
    • すべてのCSSファイルをグループ化
    • グループフォント

     

    グループファイル

     

    デフォルトでは、リストされているファイルは、テンプレートに含まれているCSS、JS、フォントであり、一部はメディアからのものです。 フロントエンド(すべてのページ)にロードされているすべてのファイルを縮小したい場合は、ファイルをリストして設定を開くことをお勧めします。

     

    リストの縮小

     

    ここから、CSS、JS、フォントが配置されているサーバーフォルダーを選択できます(例:media / com_hikashop)。 次に、ミニファイグリーンスイッチャーを押すか、 状態の切り替え ボタン。

     

    マルチアクティベート選択

     

  • Speed Cache CDN統合

     

    CDN( Content Delivery Network )の使用は、特に海外の視聴者がいる場合に効率的であることが証明されています。 世界中のローカルソースからWebサイトメディアを提供するのに役立ちます。 CDN統合は、Cloudflare、Amazon Cloudfront、MaxCDN、KeyCDNなどの市場にあるすべての主要なCDNで利用できます。

    アクセスするには、単にクリックしてください CDN ダッシュボードから。 次に、そこに情報を追加できます。

     

    cdn-sc

     

  • Speed Cache設定

    1.一般的なパラメータ

    Speed cacheは、 ダッシュボード>構成リンク

     

    パラメータ1

     

    • キャッシュの寿命: キャッシュの存続時間(分単位)。 この遅延の後、キャッシュは自動的にクリアされ、再生成されます
    • ブラウザのキャッシュを使用: ブラウザを使用してページコンテンツをキャッシュします。 画像などの重いページコンテンツをハードドライブにキャッシュして、ページ速度を大幅に向上させます。 クリアすることもできます
    • ユーザーごとのキャッシュファイル: ユーザーごとにキャッシュファイルが作成され、Webサイトにログインが必要な場合にアクティブ化されます。 ログインしているユーザーにのみ適用し、ユーザー名などの動的要素をキャッシュから除外できるようにします
    動的コンテンツまたはユーザーセッション(ログイン)でキャッシュをアクティブ化するたびに、ユーザーごとのキャッシュファイルをアクティブ化する必要があります。
    • 管理アクションのキャッシュをクリアします。 キャッシュは、Joomla管理の特定のアクション(コンテンツの保存、適用、公開、非公開、またはゴミ箱)で削除されます
    • フロントアクションのキャッシュをクリアします。 キャッシュは、Joomlaフロントエンドの特定のアクションで削除されます:コンテンツの保存、適用、公開、非公開、またはゴミ箱
    • Joomlaのキャッシュもクリアします。 SpeedCacheキャッシュに加えて、Joomlaキャッシュもクリアされます

     

    2 。 自動キャッシュプリロード

    最新のパラメーターは、自動キャッシュ再生成に関するものです。 クリアされた後、キャッシュはURLリストに基づいて自動的にプリロードされます(機能するには、cURL拡張機能が必要です。通常はインストールされます)。

     

    parametter3

     

    • キャッシュのプリロードのトークン: キャッシュのプリロード用のトークンは、キャッシュを再生成する要求を認証するために使用されます。 また、crontabで定期的に再読み込みするために使用できるURLもあります。
    • キャッシュをクリアした後のプリロード: クリアされた後、キャッシュはURLリストに基づいて自動的にプリロードされます(機能するには、cURL拡張機能が必要です。通常はインストールされます)。
    • Cache-Providerヘッダーを追加します。 応答がSpeed Cacheによって提供された場合の応答。 デバッグ目的で使用できます。
    • キャッシュする自動メニュー: キャッシュページリストに新しいメニューを自動的に追加します。
    • デスクトップ用キャッシュ: すべてのデバイスのデスクトップのキャッシュを提供:間違ったキャッシュバージョンが提供されない限り、推奨
    • タブレット用キャッシュ: タブレットのキャッシュを提供する:間違ったバージョンのキャッシュが提供されている場合にのみ推奨
    • モバイル用キャッシュ: モバイル用のキャッシュを提供:間違ったバージョンのキャッシュが提供されている場合にのみ推奨
    • 外部スクリプトをキャッシュ: Googleから提供されるスクリプトなどの外部リソースをキャッシュします。 警告:アクティブ化の前後にパフォーマンスを監視してください。アクティブ化するとパフォーマンスが低下する場合があります。
    • Ajaxによるモジュールのロード: 各モジュールにオプションを追加して、AJAXロード(asynchrone)をアクティブにし、モジュールで構成します。

    「Load module by Ajax」を有効にすると、次の場所にパラメーターが表示されます。 [モジュール]> [詳細設定]タブ。

     

    ajax-loading-module

     

    • SpeedCache AJAXロード: このモジュールでのキャッシュの問題を回避するために、AJAX(asynchrone)でモジュールのロードをアクティブ化します
    • AJAX自動更新: このモジュールでのキャッシュの問題を回避するための自動モジュールAJAXリフレッシュ期間
    • AJAX更新間隔: このモジュールのAJAX更新間隔(分)を選択します

     

    2 。

    アクセスするために Lazy loading、行ってください ダッシュボード>構成 リンク。 この機能は、ユーザーがページを下にスクロールしたときに画像を段階的にロードするのに役立ちます。画像がたくさんある長いページがある場合に便利です。 最初に、このパラメーターを有効にする必要があります。その後、以下の設定が表示されます。

     

    遅延読み込みパラメータ

     

    • (幅px)未満の画像を除外: ピクセル値がこの幅より小さいすべての画像をlazy loadingする画像から除外します。 小さなアイコンやロゴを除外するのに役立ちます
    • (高さpx)未満の画像を除外: ピクセル値がこの高さ未満のすべての画像をlazy loadingする画像から除外します。 小さなアイコンやロゴを除外するのに役立ちます
    • Lazy loading URLのインクルード: 画像のlazy loading用のURLのみを含めます。 www.website.com/news*のようなルールを使用して、一連のURLを含めることもできます。
    • Lazy loading URL除外: 画像のlazy loadingからURLを除外します。 www.website.com/news*のようなルールを使用して、一連のURLを除外することもできます。

     

    2 。 縮小&グループ化

    アクセスするために 縮小&グループ化、に行く ダッシュボード>構成 リンク。 ここで、グループCSS、JS、フォント、およびGoogleフォントを有効にするか、一部のJSおよびCSSファイルを除外できます。

     

    minify-group-tab

     

    • フォルダーを含める: 最小化ファイルを取得するためのフォルダーを含める
    • グループCSS: 複数のCSSファイルを1つのファイルにグループ化すると、HTTPリクエスト数が最小限になります。 注意して使用し、Webサイトをテストしてください。競合が発生する可能性があります。
    • グループJS:複数のJavaScriptファイルを1つのファイルにグループ化すると、HTTPリクエスト数が最小限になります。 注意して使用し、Webサイトをテストしてください。競合が発生する可能性があります。
    • グループフォントとGoogleフォント: ローカルフォントとGoogleフォントを1つのファイルにグループ化して、より高速に提供します。
    • CSSの延期: ページ読み込みの最後にCSSファイルを呼び出して、レンダリングブロッキング要素を排除します。
    • JSの延期: ページ読み込みの最後にJSファイルを呼び出して、レンダリングブロッキング要素を排除する
    • ファイルの除外: 競合やエラーを回避するために、グループプロセスからファイルを除外できます。 例のような相対パスのみ。

     

    2 。 デフォルト値

    デフォルト値にアクセスするには、 ダッシュボード>構成 リンク。 これらは、 Speed Cacheシステムに追加されたときに新しいURLに適用されるデフォルト値です。

     

    デフォルト値タブ

     

    • ゲストのキャッシュ: ゲストユーザー用にこのURLをキャッシュする
    • 一般向けのプリロード: 一般ユーザー向けにこのURLをプリロードします
    • ログイン時のキャッシュ: ログインしたユーザーのこのURLをキャッシュする
    • ログイン用のプリロード: ログインしているユーザー用にこのURLをプリロードします
    • ユーザーごとのプリロード: ユーザーごとにこのURLをプリロードします
    • パブリックのキャッシュを除外: パブリックユーザーのURLをキャッシュから除外する
    • ログイン用のキャッシュを除外: ログインしているユーザーのURLをキャッシュから除外する

     

    2 。 CDN

    CDNにアクセスするには、 ダッシュボード>構成 リンク。 次に、CDNをアクティブにし、ここにCDN情報を入力します。

     

    cdn-tab

     

    • CDN URL: 末尾のスラッシュなしで(最後に)CDN URLを追加します
    • CDNコンテンツ: CDNリソースを通じて提供されるJoomlaコンテンツ(カンマ区切り)
    • コンテンツを除外: CDNネットワークからファイルタイプまたはディレクトリを除外する
    • 相対パス: デフォルトで有効になっています。相対パスリソースのCDNを有効/無効にします。 特定のJoomlaプラグインとのいくつかの互換性のために使用されます。

    2 。 ImageRecycleの統合

    ImageRecycleはサードパーティの画像圧縮サービスです。 https://www.imagerecycle.com/

    Speed Cache構成にこのサービスを追加しました。これは、パフォーマンスの大幅な改善と考えるためですが、必ずしも使用する必要はありません。 私たちのメンバーは、構成ページからすべてのメンバーシップの20%OFFクーポンを取得できます。

     

    ir-speed-cache

     

    インストール後、次の場所で画像とpdfファイルを圧縮できます。 コンポーネント>画像のリサイクル.

     

    手動最適化

     

    詳細については、ここにアクセスできます。 https://www.imagerecycle.com/cms/joomla

     

    2 。 インポート・エクスポート

    インポート/エクスポートにアクセスするには、 ダッシュボード>構成 リンク。 これで、インポート/エクスポート構成を確認できます。

     

    インポート・エクスポート

     

    Webサイトの最適化には時間がかかり、ファイルをインポートしてすべての拡張機能の構成を取り戻すには、より高速です。 ここから、jsonファイルをインポートまたはエクスポートできます。

     

    エクスポートインポートボタン

     

  • パフォーマンスの向上を測定できますか?

    部分的には、Pingdomのようなオンライン速度テストでは、ログインしていないユーザー(ログインキャッシュなし)の最初のページの読み込み(ブラウザーキャッシュなし)のみを測定するため、違いはほとんどないかもしれませんが、ユーザーは測定します。

    パフォーマンスを測定する最良の方法は、ブラウザでページをレンダリングする時間を自分でテストすることです。

  • 通常のラボのCache CleanerをSpeed Cache使用できますか?

    確かに、 Speed Cache自動システムまたはCache Cleaner拡張機能からキャッシュをクリーニングしても、同じ結果になります。

  • Speed Cacheはコミュニティ、フォーラム、動的コンテンツで機能しますか?

    通常、はい。この場合、ユーザーごとにキャッシュをアクティブにする必要があります。 正しく機能するために、毎秒新鮮なコンテンツを含む一部のURLを含めることはできません。

    使用するにはspeed cacheダイナミックエンバイロメントで、ユーザーがでURLの存在を検証する前に発生する可能性があり、すべてのケースを確認してくださいSpeed Cache 。