WP Table Manager

WP Table Managerは/ wp-content / mu-pluginsに自動的にインストールされるそれ自身のフレームワークを使います

時々、このディレクトリは間違ったパーミッションを持っていて、WP Table Managerはそのフレームワークをインストールすることができません。
この問題を解決するには

  • / wp-content / mu-pluginsフォルダを作成してください。
  • / wp-content / mu-pluginsがあなたのWebサーバユーザによって書き込み可能であることを確認してください
  • あなたのワードプレス管理ページに再度行き、それでもエラーがあるかどうか確認してください。

まだ問題があります

  • あなたのローカルマシンでwp-table-manager.zipファイルの内容を解凍してください。
  • 存在しない場合は、Webサイトに/ wp-content / mu-pluginsフォルダを作成します。
  • / wp-table-manager / framework /フォルダの内容を、解凍前のファイルからWebサイトサーバの/ wp-content / mu-plugins /フォルダにコピーします。
  • あなたのワードプレス管理ページにもう一度行きなさい、あなたはもうエラーを持ってはいけない

はい、各テーブルのオプションとして、そうであってもなくてもかまいません。 レスポンシブモードは、モバイルサイズで列を非表示にするための優先順位を定義できるため、非常に高度です。 列が非表示になると、チェックボックス付きのモバイルメニューが表示され、列の表示/非表示が強制されます。

列のサイズはテーブルの編集中に固定され、コンテンツのフォーマットを尊重する必要がある場合は、各テーブルでレスポンシブを無効にすることができます。 すべての列のサイズがコンテナには大きすぎると、オーバーフローが発生し、触覚デバイス上で簡単にスクロールできるようになります。

はい、コンテンツはAJAXに自動的に保存されるので、保存するためのボタンは必要ありません。 節約に関するフィードバックを示す緑色のメッセージが表示されます。

これを無効にして「保存」ボタンを追加するためのパラメータがあります。

はい、エディタのテーブル、カスタム投稿タイプまたはウィジェットのいずれにもテーブルを挿入できます。 エディタからテーブル全体を編集することもできます。

はい、もちろん! このコンポーネントはそのために作られています。

テーマはデザインを手助けするためにここにありますが、あなたはあなた自身でデザインすることが完全に自由です。