SEO Glossary

SEO GlossaryでSEO Glossary定義を有効にするには、コンテンツタイプのコンテンツプラグインを有効にする必要があります。
「コンポーネント」 - >「Zoo」 - >「設定」タブ - >「Cookbook」の例 - >「レシピの作成」に移動して「要素の編集」をクリックし、「プラグインの読み込み」を選択します。

アルファベット文字または文字は、各用語集で完全にカスタマイズ可能です。 したがって、キャラクターを管理し、特定の用語集を作成できます。

例:数字だけで用語集を作成する。

はい、記事内の用語集やコンポーネントビューにもCSSを適用できます。
しかし、ほとんどの場合、コンポーネントパラメータに色、境界線の半径、影、ツールチップのスタイルなどの視覚的なセレクタがあるため、必要ありません。

はい、定義をいくつでも追加でき、必要に応じて用語集をいくつでも作成できます。
その後、メニュー項目または一般的なパラメータを使用して用語集を表示します。

はい、パラメータ「定義のためにコンテンツプラグインを呼び出す」を使用してツールチップを無効にすることができます。
タグ{seog:disable}を使用して特定のコンテンツのツールチップを無効にすることも可能です。

一般的なパラメータを使用して、ツールチップのみを表示するように選択することもできます。

SEO GlossaryはJoomlaの標準ファイルを使って構築されました。

フロントエンドの言語を翻訳するためには、メインのデフォルトの言語ファイルを次の場所に探してください。
/language/en-GB/seoglossary.ini

そしてバックエンドの言語を翻訳するためには、デフォルトの言語ファイルを見つけてください。
/administrator/language/en-GB/seoglossary.ini

自動的な方法ではありませんが、私たちのフォーラムで顧客によるチュートリアルmakeがあります(コーパスのおかげで)。

これらを慎重に使用し、常にバックアップを取ってください

1. phpmyadminを開きます。
2. jos_glossaryテーブルに行き、SQLタブをクリックしてください。
3.これをSQLクエリに貼り付けます。

SELECT「id」、「published」、「checked_out」、「tdate」、「tterm」、「tfirst」、
`tdefinition`、` tname`、 `tmail`、` tcomment`、 `tedit`、` catid` 「jos_glossary」WHEREから1


4.を押します 行く ボタン、あなたは今結果を見ることができます。
5.までスクロールします。 クエリ結果操作 をクリックして 輸出する リンク
6.新しいウィンドウで 輸出タイプ 選ぶ インサート そしてチェックを外します 構造 オプション。 を押す 行く ボタンをクリックしてsqlファイルをダウンロードします
7.テキストエディタ(Notepad ++、gedit、komodo)でダウンロードしたSQLファイルを開きます。
行を見つける

INSERT INTO jos_glossary( `id`、` published`、 `checked_out`、` tdate`、
 `tterm`、` tfirst`、 `tdefinition`、` tname`、 `tmail`、` tcomment`、 
`tedit`、` catid`)値


sqlファイルに1時間以上かかる可能性があります。
そしてそれらをこのようにする

INSERT INTO `j25_seoglossary`(` id`、 `state`、` checked_out`、 `checked_out_time`、
`tterm`、` tfirst`、 `tdefinition`、` tname`、 `tmail`、` tcomment`、 
`tedit`、` catid`)値


8. SQLファイルを保存してphpmyadminに戻ってインポートします。

まずバックアップを取ってください。 2番目の接頭辞に注意してください(私のものはjos_とj25_でした)