Droptables

何もない! あなたは同じことをすることができます。 記事から、コンポーネントはライトボックスにロードされ、コンポーネントビューにはロードされません。それが唯一の違いです。

はい、各テーブルのオプションとして、そうであってもなくてもかまいません。
モバイルサイズで列を非表示にするための優先順位を定義できるので、レスポンシブモードは本当に高度です。 列が非表示になると、チェックボックス付きのモバイルメニューが表示され、列の表示/非表示が強制されます。

列のサイズはテーブルの編集中に固定され、コンテンツのフォーマットを尊重する必要がある場合は、各テーブルでレスポンシブを無効にすることができます。 すべての列のサイズがコンテナには大きすぎると、オーバーフローが発生し、触覚デバイス上で簡単にスクロールできるようになります。

はい、すべてのWYSIWYG Joomlaエディタで動作します。 だから、記事、カスタムHTMLモジュール、K2にテーブルを置くことができます...

Joomlaコンテンツプラグインを呼び出すすべてのコンポーネントは、ドロップ可能を表示できます。

はい、もちろん! このコンポーネントはそのために作られています。

テーマはデザインの要素を手助けするためにここにありますが、あなたはあなた自身でデザインすることが完全に自由です。

はい!

Droptablesは、すべてのWYSIYGエディタフィールドで使用されるように構築されています。呼び出すにはコンテンツプラグインが必要です。 ほとんどの場合、デフォルトで有効になっています。
Joomla HTMLカスタムモジュールの場合はそうではありません、あなたはそれをアクティブにする必要があります。

オプションタブでは、オプションを設定する必要があります コンテンツを「はい」に準備します。